コッペパンチ30

おもにポケモン

安くて強めな汎用トレーナーズ ~サポート編~

ご無沙汰してます。

最近、ポケカの流行と転売ヤーの台頭によって汎用トレーナーズの価格が異常に吊り上がり、初心者をはじめとした皆さんは困り果てているのではないでしょうか。

そこで今回は「大枚はたいてまでポケカしたくねぇ!」、「初心者だしいきなり多額投資はちょっと…」といった方々のためにシングル価格の安い、具体的には1枚50円以下のカードの中で、大会環境クラスではないものの決して弱くないカードたちを紹介しようと思います。

このページではサポート(とくにドロソとサーチ)を扱います。グッズもやるかは不明です。

 

 

ハウ

自分の山札を3枚引く。

f:id:koppepunch:20180831221455j:plain

笑顔が眩しい再録王。最近新イラストを貰えた。

今ある手札を仕切り直さず、どんな状況でも安定して同じ枚数ドローができるので実はそこそこ強いカード。度重なる再録のせいでシングル価格が無料並みだったり他のドロサポが強すぎて大会クラスのデッキではまず採用されなかったりするせいで過小評価されている感がある。

なにより使いやすさがトップクラスなので初心者がデッキに入れてもオススメ。

 

ハンサム

自分の山札を下から3枚引く。

f:id:koppepunch:20180831221829j:plain

TCG界全体で見ても珍しい、下からドローするカード。

枚数はハウと変わらないので基本性能は同じだが、こちらには《ハンサムホイッスル》という専用サポートが存在する。が、ぶっちゃけ性能はお察しである。

ホイッスルやデッキの下にカードを加えるカード(例えばヤレユータン(SM5S)》のリソースマネジメント)を入れたりしない限りはハウと好みで選んでいい。

 

TVレポーター

自分の山札を3枚引く。その後、自分の手札を1枚トラッシュする。

f:id:koppepunch:20180831223755j:plain

10年以上の時を経て戦場に舞い戻ってきたカード。要は昔のカードの再録なので、旧仕様のこのカードが家の奥底に眠ってる人も多いのではないだろうか。

手札をトラッシュしなければならない分ハウやハンサムの劣化に見えるが、トラッシュを活用するデッキではトラッシュ効果がメリットにすらなり得る。

それ以外でもその対戦中もう使わなそうなカードをトラッシュに送ることで、《ジャッジマン》等で手札をデッキに戻してカードを引き直す場合にいらないカードを引く確率を下げることができる。

 

マーマネ

このカードは、自分の手札を2枚トラッシュしなければ使えない。自分の山札を4枚引く。

f:id:koppepunch:20180831221849j:plain

TVレポーターっぽい何か。亜種と言ってもいい。

厄介なのが先に手札をトラッシュしてからドローしなければならないということで、手札にマーマネを含めてカードが3枚以上ないと使えない。(ちなみにTVレポーターはドローが先なのでそういった心配はない。)ドロソを使いたいと思う状況の大半は手札が少ない時なので、その時に限って使えないのはなかなか痛い。

ちょっとディスり気味になってしまったが、たくさん手札をトラッシュに送りたいデッキでは採用してもいいのではないだろうか。

 

リーリエ

自分の手札が6枚になるように、山札を引く。最初の自分の番に使ったなら、8枚になるように引く。

f:id:koppepunch:20180831221917j:plain

再録女王。SRは馬鹿みたいに高いが、通常仕様なら1枚10円で買える。

手札にカードが貯まりやすい2進化デッキとは相性が悪いが、逆に手札を使い切りやすいたねポケモン主体のデッキとは相性がいい。

状況によっては使ってもまったくドローできない所謂死に札になり得るので個人的にはあまり好きではない。が、初手で使った時の爆アドっぷりや、通常時でも最大6枚とハウの2倍もカードを引けることからか大会でも採用しているデッキは結構ある。

 

ククイ博士

自分の山札を2枚引く。この番、自分のポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+20」される。

f:id:koppepunch:20180831221934j:plain

ハウやリーリエほどではないが再録機会は多い。

このカードはダメージ増強が主でドロー効果はついでみたいなものなのでドロソと呼べるか微妙なところではある。と言っても非常時にドロー効果目当てで使うことはわりとあるので、やっぱドロソかもしれない。

非GXなど火力が微妙に足りないデッキに入れると輝く。

総じて便利なカードではあるけど過度な期待はしないほうがいい。あと必要な時に限って手札に来ない。そんなカード。

 

マーズ

自分の山札を2枚引く。その後、相手の手札からオモテを見ないで、1枚トラッシュする。

f:id:koppepunch:20180831224550j:plain

相手の手札を減らせる(しかもデッキに戻すのではなくトラッシュ送り)個性的な効果のカード。

しかしドロー枚数2枚はかなり心許ない。ククイ博士と同じく、デッキに入れてもドローソースとして数えるかは微妙なところ。

弱くはないのだが他のカードをおしてまで採用する枠はない、といった感じのカード。

 

モノマネむすめ

自分の手札をすべて山札にもどして切る。その後、相手の手札の枚数ぶん、自分の山札を引く。

f:id:koppepunch:20180831223826j:plain

カードゲームにおいて相手依存のカードは大体使いづらいと言われる。なぜなら安定性がないから。

このカードもその例に漏れず安定しない。上手くいけば大量ドローが見込めるが、ダメな時は1,2枚しかドローできない。しかし「手札を山札に戻してドロー」系なので1枚もドローできないという状況はほぼ無く、そういう意味ではリーリエやマーマネより使いやすいかもしれない。

TVレポーターと同じく昔のカードの再録なので入手しやすいのもgood。

 

ジャッジマン

おたがいのプレイヤーは、それぞれ手札をすべて山札にもどして切る。その後、それぞれ山札を4枚引く。

f:id:koppepunch:20180831224607j:plain

最近再録が多く入手しやすくなってきた良カード。XY時代は《N》という強力なライバルがいたが、現時点のSMレギュでNはいないので彼の独壇場である。

何が独壇場かというと「相手の手札を引きなおさせる」効果。相手がサーチカードやワザの効果で好きなカードを持ってきてもそのターンに使うことは多くない。そこでこのカードを使い、相手の手札を山札に戻させることで相手のサーチ行為を無駄にできる。

一応相手の手札を山札に戻すカードは他に《イリマ》《ビッケ》があるのだが、残念なことにどちらもあまり実用的ではない。

ちなみにドロー枚数が4から5に変わったロケット団のいやがらせ》というカードもあるが、構築済みデッキ限定のカードで入手が難しい。1枚はかなり大きな差ではあるが、どちらも一長一短なのでハッキリとした理由がなければジャッジマンでいい。

 

イリマ

おたがいのプレイヤーは、それぞれ手札をすべて山札にもどして切る。その後、おたがいのプレイヤーは、それぞれコインを1回投げ、オモテなら6枚、ウラなら3枚、山札を引く。

f:id:koppepunch:20180831223846j:plain

さきほどのジャッジマンの項目で実用性があまりないと言ってしまった。

コイントスに左右される面が大きすぎて安定しない。相手に手札の引き直しをさせたいだけならジャッジマンの方が安定しているので、入れるなら50%で《シロナ》(6枚ドロー)になることがメインの理由になるか。相手の引き直しはオマケみたいな。

うーん、まあ運に自身のある人は使えばいいんじゃないかな。

 

ハラ

自分の手札をすべて山札にもどして切る。その後、山札を4枚引く。自分がすでにGXワザを使っていたなら、引く枚数は7枚になる。

f:id:koppepunch:20180831223907j:plain

GXワザをいつ撃つかは大半のデッキはその時の状況によって違うので7枚ドローは安定して見込めない。4枚ドローするだけなら同時に相手の手札にも干渉できるジャッジマンの方が強い。この場に挙げておいてアレだが正直微妙なカード。

まあ微妙とはいったがGXワザを早めに使うコンセプトのデッキなら採用は全然アリ。

 

マオ

自分の山札から好きなカードを2枚選ぶ。残りの山札を切り、選んだカードを好きな順番にして、山札の上にもどす。

f:id:koppepunch:20180831231128j:plain

手札に加えるのではなくデッキの上に置くので効果の恩恵を受けられるのが次の自分のターン開始時と若干遅いが、それでも好きなカードをデッキトップに積み込めるのは強い。

アクジキングGX》のようなデッキトップを参照するカードを使っている場合は、マオを使用した直後に恩恵を受けることができるのでもっと強い。

使った返しのターンでジャッジマンなど手札を引き直させるカードを使われると、ドロー前に山札のシャッフルが発生してマオを使った意味がなくなってしまうのはご愛嬌。

 

デンジ

自分の山札にあるグッズと雷エネルギーを1枚ずつ、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

f:id:koppepunch:20180831224634j:plain

「こいつが! オレの きりふだ!!」(オクタン)(エテボース

一見雷タイプ専用サポートに見えるが、実はサーチしてくるのはグッズだけでもいい。

好きなグッズを手札に加えられるカードは現状これしかないので、特定のグッズが主軸となるデッキには採用を検討できる。

 

 

まとめ

当たり前だけど安い=弱いではない。

初心者の方々には異常な価格の汎用カードを見て後退りせず、安いカードでも十分に回るデッキは組めることを知っておいてもらいたいです。

 

★強いが価格が高いので除外したカード一覧

《シロナ》《フウとラン》《かんこうきゃく》《ダイゴの決断》《ポケモンだいすきクラブ》《ロケット団のいやがらせ》

★価格は安いがさすがに弱い,使いづらいので除外したカード一覧

《ビッケ》《ウルトラ調査隊》《カヒリ》《サトシのゆうじょう》《ポケモンブリーダー》

おしゃれエネルギーのすゝめ② 「BWシリーズ」以降

およそ1年ぶりに気が向いたので続き書きました!

 ⇒①はコッチ!

 

☆BKエネルギー(仮称)

f:id:koppepunch:20180515221750j:plainf:id:koppepunch:20180515223818j:plain

 BW時代に発売されたB(バトル)K(強化)デッキに入っていたエネルギー。ノンキラとキラ仕様アリで、キラ仕様はジムチャレンジのプロモです。
 エネルギーマークが普通のものより艶々しているのと背景が網目状なのが特徴。
 パッと見普通のエネルギーのイラストと変わらないのでおしゃれエネルギーに入るのかちょっと怪しい。

 

☆ストライプエネルギー

f:id:koppepunch:20180515223233j:plain

 文字通りエネルギーの背景がストライプなもの。それ以外は普通のエネルギーのイラストとまったく同じです。
 ノンキラのものはなく、ミラー仕様のキラのみ。
 大会配布(XY期)のプロモパックに封入されていたものなので流通数はそこそこですが、似た経緯のファーストエネ(後述)と比べるとやや少なめな印象です。

 

☆XY BREAKエネルギー(CP4エネルギー)

f:id:koppepunch:20180515222800j:plainf:id:koppepunch:20180515223133j:plain

 XYbreak期に出た構築済みデッキ・パック・プロモなどに収録。
 ノンキラとミラー仕様、一部タイプにはUR仕様あり。
 ノンキラの水・闘・妖は構築済みデッキに収録されていたのでストレージでもよく見かけます。(残りのタイプはプロモ)
 ミラー仕様のものは全タイプ「EX×M×BREAK」(CP4)に収録。
 UR仕様は草・悪のみでプロモ。

 エネルギーカード史上最もエネルギーマークが大きい(当社比)、背景に「Pokemon Cardgame XY BREAK」と文字が書かれているなどなかなか特徴的なデザインです。

 

★ファーストエネルギー

f:id:koppepunch:20180515222047j:plainf:id:koppepunch:20180515223611j:plain

 旧裏面時代のイラストを再現したエネルギー。
 特別なプロモではなく、普通のショップ大会のプロモパックに入っていたものということもあってか、シングル販売で安く買えます。
 キラ仕様のものもありますが、こちらは希少なプロモのためべらぼうに高いです。

 

☆通常エネルギーとイラストは変わらないけど光ってるエネルギー

f:id:koppepunch:20180515224446j:plain

 …呼び方がわからん。

 わかりにくいですが、右側の超エネルギーの方はミラーっぽい光り方です。

 画像のもの以外にもカード右下にイベント等のロゴマークがついたものが多種あるようです。

 名称がわからないのでネットオークションなどでも検索しづらく見つからないということで、1デッキ分集めるのはある意味一番困難かもしれません。 

 

☆SMエネルギー

f:id:koppepunch:20180515225916j:plainf:id:koppepunch:20180515230013j:plain

 SMシリーズから始めた人なら誰でも持っているエネルギーですね。8枚入り100円+税で全国のポケモンセンター・ストアで発売チュウ!(宣伝)

 ミラー仕様のものは強化拡張パックに収録されていました。正直枠つぶしも良いところだったのでもう収録はしなくていいですね。

 自分で書いておいてなんですが、コレもはやおしゃれエネルギーでもなんでもないような… 

 

☆UR(SMシリーズ)

f:id:koppepunch:20180515222520j:plain
 ポケカにおける最高レアリティであるURの基本エネルギー。
 金ピカに光っていること以外は普通のSM期の基本エネルギーとほとんど変わりません。(一応違う点としてキラキラマークが全面に散りばめられている)
 パックにしか封入されていない・レアリティが高いため出土数が少ないということで最近じわじわ値上がりしているらしいです。

 

 

これで現状(18/5/15)出ているおしゃれ基本エネルギーは全部紹介しました。気が向いたら特殊エネルギーも紹介しまう。

チャンピオンロード収録予想② ~その他ポケモン~

 今回はパックの表紙には描かれていないが収録される可能性が高そうなカードの紹介です。

 の前に

☆訂正

前回の記事でノコッチが微妙なカードしかないと言いましたが、実は色々なデッキに採用されていたノコッチ君がいたっぽいです。

勉強不足ゆえのにわか発言、失礼しました。

ノコッチ(ADV1+)》

f:id:koppepunch:20180311194442j:plain

HP:50 タイプ:

よんでにげる
自分の山札から「たねポケモン」を3枚まで選び出し、自分のベンチにだす。その後、その山札を切る。ベンチに出した場合、のぞむなら、自分を自分のベンチポケモンと入れ替えてよい。
スネークフラッシュ 10
コインを1回投げオモテなら、相手のバトルポケモン全員をマヒにする。
弱点: 抵抗力:なし にげる:1

 《アズサ》を撃つワザを持つ。

 ADV~PCG環境ではドロソが現代でいう《マーマネ》レベルのものしかなく、今よりもスピードが遅かった当時の環境では1ターン使ってでもベンチにたくさんポケモンを並べて安定させたかったようです。撃って交代できるのも強みだったとか。

 今は《アズサ》があるからそこまで強くなさそうだけど…

 

次から本紹介です

 

エネコロロ(ADV1)》

f:id:koppepunch:20180311210726j:plain

HP:70 タイプ:

ポケパワー エナジードロー
このパワーは、自分の番に1回使うことができる。自分の手札のからエネルギーを1枚選び出し、トラッシュする。その後、自分の山札からカードを3枚まで引く。このポケモンが特殊状態なら、このパワーを使うことはできない。
エネだまMAX 10×
自分のバトルポケモン全員のエネルギーの合計×10ダメージ。
弱点: 抵抗力:なし にげる:1

  10年以上前に出たのに現代でも通用しそうなくらい強力なドローソース。

 捨てるカードに制約があるが1枚多くドローできるとりひきを持つカード。《ゾロアークGX》と違って殴るのには不向きだが、ニコタマを採用せずトラッシュのエネルギーを有効活用できるデッキではあちらより採用しやすい。

 元のこのカードのHPがかなり低いため、現代のHP基準にリメイクされても《レベルボール》に対応するかも?

 

ソーナンス(ADV2)》

f:id:koppepunch:20180315020927j:plain

HP:80 タイプ:

ポケボディー しんぴのまもり
このポケモンは、ポケモンexのワザによるダメージや効果を受けない。
無無 おきあがりアタック 50
自分にも、弱点・抵抗力に関係なく、10ダメージ。
弱点: 抵抗力:なし にげる:2

 SMシリーズでは《アローラキュウコン(SM2+)》らが持っている特性しんぴのまもりを初めて所持したポケカ史に残る1枚。

 それ以外に突出した強みはない。

 

テッカニン(ADV3)》

f:id:koppepunch:20180315005654j:plain

HP:70 タイプ:

ポケパワー からをぬける
このパワーは、自分の番に、このカードを手札から出して、自分のポケモンを進化させたとき、1回使うことができる。自分の山札から「ヌケニン」を1枚選び出し、自分のベンチに出す(このパワーで場に出した「ヌケニン」は、たねポケモンとしてあつかわれる)。その後、その山札を切る。自分のベンチに空きがないなら、このパワーを使うことはできない。
無無 クイックタッチ 30
のぞむなら、自分を自分のベンチポケモンと入れ替えてよい。その場合、自分のエネルギーを好きなだけ選び、新しく出したバトルポケモンにつけ替える。

弱点: 抵抗力:なし にげる:0

  進化時にヌケニンを場に出せるテッカニンはこのカード以降DPシリーズ・BWシリーズでも出続けたが、XYシリーズで打ち止めになってしまった。強いかどうかはともかく一種の伝統のようなものだったので復活させてほしいなー、と。

 要するにただの個人的願望。

 

ピジョット(PCG1)》

f:id:koppepunch:20180315010519j:plain

HP:100 タイプ:

ポケパワー マッハサーチ
このパワーは、自分の番に1回使うことができる。自分の山札から好きなカードを1枚選び出し、手札に加える。その後、その山札を切る。このポケモンが特殊状態なら、または、この番に、すでに自分の別のポケモンの「マッハサーチ」を使っていたなら、このパワーを使うことはできない。
無無 わしづかみ 40
次の相手の番、このワザを受けた相手はにげるができない。
弱点: 抵抗力: にげる:0

  万能サーチ特性。当時は今でいう《ゾロアークGX》並みの汎用カードだったとか。

 逃げエネ0なのも優秀。

 ピジョット族のカードが最後に出たのは2014年3月発売ワイルドブレイズ(XY2)であり、実に4年も新しいカードを貰えていない。不憫である。

 

マグカルゴ(PCG2)》

f:id:koppepunch:20180315015042j:plain

HP:80 タイプ:

ポケパワー じならし
このパワーは、自分の番に1回使うことができる。自分の山札から好きなカードを1枚選び出し、残りの山札を切る。その後、選び出したカードを、その山札の上にもどす。このポケモンが特殊状態なら、このパワーを使うことができない。
つきくずす 10
のぞむなら、場のスタジアムをトラッシュしてもよい。
無無 かえん 50
なし
弱点水 抵抗力:なし にげる:3

 《ラグラージ(XY5)》と同じ効果の、デッキトップを弄る特性もち。

 デッキトップを操作するカードとドロー系特性の相性の良さは《ゾロアークGX》と《マオ》のコンボで周知の事実。当時の環境では前回紹介した《ルンパッパ(PCG2)》と組むことが多かったようである。

 

ヘルガー(PCG4)》

f:id:koppepunch:20180315014113j:plain

HP:70 タイプ:

ポケボディー ロンリーハート
自分のポケモンの数が相手のポケモンより少ないなら、相手プレイヤーは、手札からトレーナー(サポーターをのぞく)を出して、使うことができない。
無無 にらんでかみつく 20
コインを1回投げオモテなら、相手をマヒにする。
炎炎 かえんほうしゃ 70
自分のエネルギーを1個トラッシュする。
弱点: 抵抗力:なし にげる:1

 条件付きだがベンチにいても発動するグッズロック(相手のみ)。条件はわりと緩い。最近出た《ガチゴラス(SM6)》と同じ。

 グッズロックの強みは言わずもがな。ニコタマでマヒにするワザを撃てるのも地味に有能ポイント。

 

 

 これでポケモンは終わりです。θ種が本来のタイプに戻ったりexが非GXでリメイクされたりする可能性も捨てきれませんが、取りあえず普通の非ex/非θのポケモンをピックアップして紹介しました。

1枚でも予想が当たるといいなぁ…

チャンピオンロード 収録予想① ~パックの表紙のポケモンたち~

 禁断の光発売から日が経たないうちにドラゴンストームの全リストが公開されましたね。俺はまた《アクアパッチ》が再録されることに絶望しています。

 ドラゴンストームの考察は置いておくとして、今回はその次のパック―チャンピオンロードについての記事です。

f:id:koppepunch:20180311173845j:plain

 このチャンピオンロードというパック、ADV~PCG期(ゲームでいうところの第三世代)のカードが今風にステータスをリメイクされて収録されるパックらしいです。

 というわけで今回からチャンピオンロードでリメイクされそうなカードの紹介をしていこうと思います。

今回はパックの表紙を飾るポケモンたち。(もう収録が決まっているボーマンダフリーザーは除きます)

 

※ポケパワー・ポケボディー=特性

ハッサムex》

f:id:koppepunch:20180311174557j:plain

HP:120 タイプ:

ポケボディー きけんしょく
このポケモンの残りHPが「60」以下なら、このポケモンが使うワザの、バトルポケモンに与えるダメージは、「+40」される。
はがねのつばさ 40
次の相手の番、自分が受けるワザによるダメージは、「-20」される。
無無 ふりおろす 50+
相手が「進化ポケモン」なら、30ダメージを追加する。
弱点: 抵抗力: にげる:1

 パックの表紙の中心を飾っている、元となるカードが環境で猛威を振るっていた、などの理由からほぼ間違いなくGXで収録されるであろう1枚。

 特性による打点上昇が40と、HPラインが上昇した現環境視点で見てもかなり高い。

 

オーダイルex》と《オーダイル(PCG)》

f:id:koppepunch:20180311180012j:plain

HP:150

ポケボディー いあつのキバ
このポケモンがバトル場にいるかぎり、おたがいのポケモン全員(ポケモンexはのぞく)は、ポケパワーを使うことができず、ポケボディーもはたらかない。

つなみ 30
相手のベンチポケモン全員にも、それぞれ10ダメージ。
無無無 きずにかみつく 70+
相手のダメージカウンター×10ダメージを追加する。

弱点: 抵抗力:なし にげる:3

 ワザも特性も《グレイシアGX》っぽいが、よく見ると特性で無効にできるのは「ex以外の特性とグレイシアの真逆である。

弱くない性能だとは思うけど、このカードを使ったデッキが環境で活躍したことは無かったようだ。非exの方が強かったとか。それがコレ↓

f:id:koppepunch:20180311212107j:plain

HP:120 タイプ:

ポケボディー バトルオーラ
自分のバトル場のδ-デルタ種のポケモン全員は、相手のバトルポケモンに与えるワザによるダメージが、すべて「+10」される。
無無 ひきずりだす 20
のぞむなら、ダメージを与える前に、相手のベンチポケモンを1匹選び、相手のバトルポケモンと入れ替えてよい(新しく出てきたポケモンにダメージを与える)。(入れ替えるバトルポケモンは相手プレイヤーが選ぶ。)

雷雷 するどいキバ 60
弱点: 抵抗力:なし にげる:2

 パッとしないというか、よくパックに入ってる微妙性能の進化ポケモンという感じ。でもこのカードをメインに据えたデッキが大会でも見られたそうな。デルタ種で固めて殴るデッキだったらしい。

仮にリメイクされるとしたらタイプはに戻して特性も対象がタイプになるのかな。

 

バシャーモ(ADV1)》

exは炎と闘の2種類あるもののどちらも性能がショボく、ワザの打点を現環境向けに上げてもどうにもならない。そもそも当時の環境で活躍した話も聞かないし、パックのコンセプトには合わないように感じた。

f:id:koppepunch:20180311180746j:plainf:id:koppepunch:20180311184153j:plain

なのでリメイクされるのは非exのバシャーモだろう。

f:id:koppepunch:20180311184623j:plain

HP:100 タイプ:

ポケパワー たきつける
このパワーは、自分の番に1回使うことができる。自分のトラッシュから炎エネルギーを1枚選び出し、自分のベンチポケモンにつける。このポケモンが特殊状態なら、このパワーを使うことはできない。
無無 かさいりゅう 100 
自分の炎エネルギーを1個トラッシュし、相手のベンチポケモン全員にも、それぞれ10ダメージ。

弱点: 抵抗力:なし にげる:2

 メタルチェーン。事故りやすい2進化でそれだけでは微妙なので、できればエネルギー2枚に強化して実質毎ターン《鍛冶屋》を撃てるポケモンにして欲しいところ。

 

《ケッキング(ADV1)》

f:id:koppepunch:20180311190254j:plain

HP:120 タイプ:

ポケボディー なまけがお
このポケモンは、バトル場にいるかぎり、相手のポケモン全員は、ポケパワーを使うことができない。
無無無無 はめつのいちげき 100
自分の基本エネルギーを1個トラッシュする。次の自分の番、自分はワザを使うことができない。
弱点: 抵抗力:なし にげる:3

  exは存在しない。当時はバシャーモと組んでブイブイ言わせていたらしい。上記の《オーダイルex》と違ってex(GX)の特性も無効にできるのが強みか。イラストが公式絵の使いまわしだからリメイクしやすそう。

 

《ルンパッパ(PCG2)》

f:id:koppepunch:20180311190616j:plain

HP:120 タイプ:

ポケパワー すいすいダンス
このパワーは、自分の番に1回つかうことができる。自分の山札からカードを1枚引く。このポケモンが特殊状態なら、このパワーを使うことはできない。
いやしのステップ 30
のぞむなら、自分の手札からカードを好きなだけ選び出し、トラッシュしてよい。その場合、トラッシュしたカードの枚数ぶんのダメージカウンターを、自分からとりのぞく。
無無 みんなでステップ 10×
自分以外の、おたがいの場のポケモンの数×10ダメージ。
弱点: 抵抗力:なし にげる:2

 exは存在しない。(アローラサンドパンゾロアークGX)÷2=コレ。リメイクされたらみんなでステップのダメージは×20になるかな? 《エンペルト(SM5M)》っぽいが、こちらはお互いのバトル場も参照する。

 ちなみにXYシリーズのハスボーハスブレロタイプなので《巨大植物の森》に対応している。

 

ジュペッタex》

f:id:koppepunch:20180311191627j:plain

ポケパワー シャドームーブ
このパワーは、このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使うことができる。自分または相手のポケモンのダメージカウンターを1個選び、自分または相手の別のポケモンにのせ替える。このポケモンが特殊状態なら、このパワーを使うことはできない。
かげのじゅもん 30+
自分のトラッシュの「サポーター」の枚数×10ダメージを追加する。追加できるダメージは、「サポーター」6枚ぶんまで。

 《バトルコンプレッサー》でサポートをトラッシュに落とし放題な今の環境では活躍が期待できそうな1枚。ワザが1個しかなく、かげのじゅもんがGXワザになるとすると通常ワザが1個もなくなってしまうが、リメイクされた場合は新しくワザが追加されるのだろうか。

 

マルマインex》

f:id:koppepunch:20180311193548j:plain

HP:90 タイプ:

ポケパワー エネエネボンバー
このパワーは、自分の番に1回使うことができる。このポケモンをきぜつさせる。その後、自分のトラッシュからエネルギーを5枚選び出し、自分のポケモンポケモンexはのぞく)に好きなようにつける。このポケモンが特殊状態なら、このパワーを使うことはできない。
クラッシュバーン 30+
のぞむなら、自分の場のエネルギーを好きなだけトラッシュしてよい。その場合、トラッシュしたエネルギーの枚数×20ダメージを追加する。
弱点: 抵抗力:なし にげる:1

 自害してエネルギー加速マン。相手にサイドを2枚も献上することになるが、その分エネ加速力は強大であり、ワザの要求エネが重いポケモンでもすぐに準備完了させられる上に特殊エネルギーもつけることができる。ただしexにはつけられないため、リメイクされた場合はGXにつけられなくなる可能性大。でも非GXがいまいち脚光を浴びない今の環境ではちょうどいいのではないかと思ったり。

 

バリヤードex》

なぜか2種類ある。イラストがほぼ左右反転+背景色を変えただけという手抜き。

f:id:koppepunch:20180311195456j:plainf:id:koppepunch:20180311195505j:plain

HP:80 タイプ:超

ブレイクダウン
相手の手札の枚数ぶんのダメージカウンターを、相手にのせる。
弱点:なし 抵抗力:なし にげる:1

☆ここまで共通☆

(背景がの方)

ポケボディー インパールバリア
このポケモンは、ワザによるダメージのうち、「10・30・50・70・90・110・130・150・170」のダメージを受けない。

(背景がの方)

ポケボディー パールバリア
このポケモンは、ワザによるダメージのうち、「20・40・60・80・100・120・140・160・180」のダメージを受けない。

 

 要するにそれぞれ奇数ダメージ・偶数ダメージを受けないカード。パッとしない攻撃ワザしか与えられていない大多数のたねGXより余程強く、ぶっちゃけこの能力のままSM環境にぶっこんでも活躍できそう。

 ADV~PCG期ではバリヤードのカードはこのexしか存在しない。よって、exを非GXに改変するとかDP期から非exバリヤードを引っ張ってくるとかしない限りは、GXにリメイクされることが確定している。

 元ネタは同じパックに二種類収録されていたが、今回はどうなるのだろうか。

 

ノコッチ

f:id:koppepunch:20180311194442j:plainf:id:koppepunch:20180311194742j:plain

なんでパックの表紙にいるのか謎。過去に活躍した例はない。また、レアリティがR(レア)以上のカード=キラが存在しない。(※ごめんなさい、ウソつきました。詳しくは②の記事で)

ポケボディー へびのめ
このポケモンがバトル場にいるかぎり、相手の「ノコッチ」全員は、ワザを使うことができない。

という謎すぎる同種メタの特性を持つカードがあった。

 

 

 自分は昔のポケモンカードが好きなので、性能や収録内容問わずとりあえず2BOXは購入確定してます。好み抜きにしても昔の強かったカードのリメイク再録ということで他のパックより期待していいかなぁと思ったり。

くっそどうでもいいこと

 ウルトラサン・ウルトラムーンはまさかのダイパパックになったワケだが、果たして主要キャラのポケモンをちゃんと収録しているのだろうか? ちょっと気になったので調べてみた。

 太字はエースポケモン(手持ちの中で一番レベルが高いもの)

 

★ジムリーダー

ヒョウタズガイドスラムパルド

ナタネ…ナエトルチェリムチェリンボ)・ロズレイド

スモモルカリオ

マキシ…フローゼル

メリッサ…フワライド

トウガン…ドーミラーレアコイルトリデプス

スズナ…ニューラ・ユキノオー

デンジ…レントラーエレキブル

 

★ギンガ団

マーズ…ドーミラーブニャット

ジュピター…ドーミラースカタンク

サターン…ドーミラードクロッグ

アカギ…ドンカラスヤミカラス)・マニューラ(ニューラ)・(ディアルガパルキア

 

★四天王

リョウ…メガヤンマドラピオン

キクノ…カバルドン

オーバ…ミミロップ・フワライド・ゴウカザルブーバーン

ゴヨウ…ドータクン

 

★チャンピオン

シロナ…ミカルゲロズレイドルカリオガブリアス・(グレイシア)

 

 結論、ほぼ全員収録してました。メリッサは切り札のムウマージが前弾に収録されちゃったからしょうがない。衣装もフワライドモチーフだしね。プラチナではひっそりと手持ちからリストラされているのはナイショ。

 ナタネは何故か使用ポケモンが全員収録されているという優遇っぷり。それならカードの効果の方を優遇してくれ。

 そういえば新規カードが公開される度にダイパリメイクだ何だってTwitterの公式垢に突撃してた人見かけたけど、ぶっちゃけゲームの方がRR団で悪役集合したからカードの方も各世代ピックアップ路線にしただけだと思うよ。

いつもの新パック感想 ウルトラムーン編

 ウルトラムーン編です

f:id:koppepunch:20171207235151p:plain

 

・水タイプ

アローラサンド  SM2の方で遅延した方が良さげ

アローラサンドパン  バクガメスGXのトラップシェルっぽいワザをエネ無しで撃てる。そこはかとなく可能性を感じる1枚。てかそのうちエネ無しデッキ組めそうだな

ポッチャマ(みずとばし)  ポケカの公式サイトでシンオウ御三家が公開された時、他二匹が書き下ろしの方だったのにポッチャマだけ公式絵の使い回し(こっち)だった

ポッチャマ(つつく) 標準的なHP70たねポケモン。使うならこっちかな~?

ポッタイシ  1エネでマヒチャンスができるだけ他の中間進化よりマシ

エンペルト  これも地味にゾロアークGXメタ。ベンチポケモンが合計10体+ハチマキでゾロアークGXワンパン。むしろコレとゾロアークGXが組むような気がしないでもない

ブイゼル  現環境唯一のHP70ブイゼル

フローゼル  なんでSM3+のものと二種類いてどっちも微妙なのか

ユキカブリ  ヘビーボール対応

ユキノオー  珍しく草タイプと何も関連がないユキノオー。進化時アクアパッチ(っぽい何か)を使える。アクアパッチでいい

★グレイシアGX  ★みっつくらいつけたい。相手の特性をすべて封じるという、サンの方のマニューラと並んで環境を変えにきたカード。しかもワザの方もベンチ狙撃付きの優秀っぷり

ウォッシュロトム  ベンチ狙撃。もう10ダメージ高ければ…

フロストロトム  ヒートロトムより火力が出そう

マナフィ  SMでもばくりゅうカメックスがいればなー

 

・雷タイプ

エレブー  実は二種類目。今ならXY時代にあった、HP70で1エネマヒチャンスの方が使い安いかな

エレキブル  ウルトラサンの方で優遇されまくった鋼タイプに怒っているカード

コリンク(バチバチ)  即進化はヤバい

コリンク(じゅうでん) 片割れが強すぎて空気

ルクシオ  恐怖の1エネブルパン。オンバーンGXってなんだったんだろうね。

レントラー  レヒレGXを彷彿とさせるベンチ狙撃ャー。記憶のほこらやひかるセレビィと合わせてブルパンしてもいい

パチリス  ライチュウGXのために生まれてきたようなカード。なお、現段階で他にほっぺすりすりを持つカードは、ピカチュウ(XY1)・デデンネ(XYプロモ)(なぜか妖タイプ)・トゲデマル(プロモ)。

ロトム  エネ無しで120ってステキやん? HP低すぎやん?

 

・超タイプ

フワンテ  この毛糸のフワンテ欲しい(イラスト)

フワライド  ダメカンばらまき系ワザとシナジーはあるが、ベンチポケモンのダメカンは強制的に取れてしまう(=疑似回復)ので強いとは言えないかな

ミカルゲ  秀逸なワザ名。シロナきせかい。HPが低いのはネックだが、たねポケモンのワザ封じは活躍できなくもなさそう。次元の谷対応だし

スコルピ  イラストすこだ

ドラピオン  マヒ確定だが、エネ重すぎ谷非対応の二重苦。カウンターエネルギー使にしてもこのHPでは2エネでもキツい

グレッグル  エネ破壊チャンス

ドクロッグ  下のワザから闘タイプへの未練を感じる。闘の相性補完になるか?

ギラティナ  特性はダークライ◇の超バージョン。ただあちらと違ってそれだけでは役に立たず、もう二個エネルギーをつける必要がある。重すぎ

クレセリア  非GXたねポケモンにしては優秀。1エネのダメカン交換は半端な打点のGXポケモンに有効だし、相手のエネの数ぶん火力の増すサイコキネシスも及第点

ルナアーラ  ルナアーラGXデッキに入れると活躍しそうなカード。エネ加速は超タイプに於いては貴重だし、サイコストームもエネが重いながらワザ自体はGXワザ級。サイコトランスでカバーすればOK

ネクロズマ(暁)GX  ゾロアーク(XY8)のなりかわるが使える。ワザの火力がショボい気もするが、二進化のルナアーラGXが4エネで同じ120ダメということを考えると悪くない火力をしているように思えてくる。忘れがちだがこれも黄昏もウルトラビーストなので、今後ますます強くなる可能性は十分にある

 

・闘タイプ

ズガイドス  1エネ30

ラムパルド  DP時代のカイリキーが持っていた おとす の調整版みたいなワザを持つ。進化ポケモンに対しては1エネで120点を出せて、道具無くてもゾロアークGXをワンパンできるのは強い

★リオル  HP70かつ無1エネで遅延ワザは優秀の一言

ルカリオ  ガブリアスさえいれば毎ターンデッキから好きなカードを持ってこれるという非GXにあるまじき強特性。なんか悪さしそう

ヒポポタス  カバルドンより強い。デッキを極限まで削った者にのみ許される180点ワザは、ストロングエネルギーやハチマキと合わせれば大抵のポケモンはワンパンできる。こういう面白いカードをもっと出して欲しい

カバルドン  進化前にお株を奪われた哀れなカバ。ゲームでは強いのにね

ナゲツケサル  ミュウやマーシャドーに浮気した彼らがたどり着いた結論は「同族が一番」であった… これでチームプレイが捗るな!

 

・竜タイプ

フカマル(かくせい)  かくせいはマズいですよ!

フカマル(かじる) 闘エネを使わないデッキ(あるのか?)ならこっち

ガバイト  中間進化のかくせいは有能すぎる。そういえばBWのガバイトもやたら優秀な特性を持ってたな…

ガブリアス  ゲームの方では落ちぶれてしまったのでカードに帰って来た。竜タイプの要求エネがタイプ混合という特徴はどこへ行ったのか、闘エネだけでワザをすべて撃てる。シロナを使っていればノーリスク200という超打点を叩き出す。しかも逃げエネは0。さすが主人公である

パルキアGX  前評判ワーストのお方。ここでもパルキアは不遇なのか。通常ワザはディアルガGXよりも貧弱でGXワザはエネがとてつもなく重い。また、水ではなく竜なのでアクアパッチなどの水サポートを受けられない。ほんとかわいそう

 

・無色タイプ

ミミロル  申し訳程度のUSUM要素

ミミロップ  中毒性のあるお菓子みたいなワザ名

シェイミ  シェイミEXもだいぶ減りましたね

ヤングース  手札見てもねぇ…

デカグース  相手依存だが無2エネ100はまあまあ?

ジジーロン  謎のトラッシュ肥やし


・トレーナーズ

おとりよせパッド  5割が不良品。コイントス系は日本では嫌われるってばっちゃが言ってた。デッキ圧縮に使える?

(なぞの化石)  ウルトラサンの記事を参照

ハンサムホイッスル  なんで笛吹いたらハンサムが二人に分身してこっち来るんですかね…? これもデッキ圧縮に使えなくもない?

エスケープボード  逃げエネ1のポケモンにはかるいしのほぼ上位互換。これでマヒねむりにしても相手に逃げられる可能性が出てきた

★シロナ  正確には再録だけど。よくNと比較されるが、正直あちらとは用途が異なるので一つのデッキに共存し得ると思う。こっちは純粋に手札を増やすカードだが、むこうは劣勢時の妨害やデッキ切れ防止の側面が大きい。

★デンジ  雷版コルニっぽいけど違う。碌なタイプサポートが無かった雷タイプを救いに来た男。

ハンサム  箱からSRが出たら涙目間違い無しの男。ギンガ団幹部の切り札のうち、ドクロッグだけムーン収録だったのは進化前のグレッグルが彼の相棒だったから…かもしれない。効果は下からハウ。彼のおかげでハウが再録されなかったのだろう。敬礼。

 

・エネルギー

超ブーストエネルギー◇  二進化ポケモンがそんなに立つデッキは草タイプかゲッコウガくらいしかねーよ、と。ジャラランガGXに使える???

ブレンドエネルギー(雷超鋼)  残ったタイプは闘悪妖

 

※SMシリーズより再録

クラッシュハンマー・ハイパーボール・ふしぎなアメ・レスキュータンカ・マーマネ

 

 

・まとめ

 グレイシアGXやシロナ、エスケープボードなど今後の環境で見られそうな汎用カードが収録されている。SMシリーズから再録されたカードもウルトラサンよりこちらの方が有用カードが多い。

 ただし箱買いは博打。SR確定枠にハンサムやパルキアが来たり、GX枠が三分の二パルキアに占領されている自体が多発すると思われる。

いつもの新パック感想 ウルトラサン編

 需要はないと思っていても、思ってることを文章に書き留めておくことはわりと後で役に立つんだよね。だから半分メモ帖みたいなモノです。

 まずはウルトラサンから(★印=つよそう)

f:id:koppepunch:20171207235612p:plain

 

・草タイプ

ヤンヤンマ  ゲームでかそく持ちなんだから逃げエネ0にしてよ…

メガヤンマ  DPの時代から大抵は逃げエネ0なコイツが何故か今回は逃げエネ1。性能そんなんでもないのにね

ロゼリア  スボミー不在のためたねポケモン

ロズレイド  ナタネの切り札枠なのかシロナのポケモン枠なのか判断しづらい。たぶん前者

ナエトル(こうごうせい)  エネ加速はつよい

ナエトル(たいあたり)  エネ加速がない代わりにHPが10高い。個人的にはエネ加速の方が好きです。そもそもドダイトス使わないは禁句

ハヤシガメ  SM3+のフシギソウもそうだったけど、中間進化なのに逃げエネ4と滅茶苦茶重い

ドダイトス  「草には森とか活力材あるし、このくらい控えめ性能でも十分使えるだろ~」っていう開発陣の声が聞こえる

チェリンボ  今の時代でHP50は逆にレアな気がする

チェリム  かわいい

マスキッパ  のってるダメカンの数だけ与えるダメージが減る技ってなんとなく旧裏に多いイメージ

リーフィアGX  エナジーしんかイーブイがいるため、わりと安定して後攻一ターン目GXワザを決められそう。草は現状森や活力剤で初手からブン回しできるから、無色に使いたい。M進化ポケモンを一斉に進化させたい衝動に駆られるよね

カットロトム  特殊エネ破壊はなかなか有能。トラッシュに道具九枚を貯める必要がある。普通のデッキじゃまず九枚もデッキに入れないため、特化デッキ専用か

シェイミ  誘ってんのか?

 

・炎タイプ

ブーバー  毎回HPが高い

ブーバーン  ポケカほのおのからだ(確定)。やけども含めれば最大で180出せるのはなかなかだと思う

ヒコザル(ほのお)  HPが低すぎてヤバい。いくら逃げエネ0でもHP40採用は勇気が要る

ヒコザル(みだれひっかき)  標準スペックのたねポケモンって感じ

モウカザル  中間進化にありがちな毒にも薬にもならない性能

ゴウカザル  見れば見るほど混乱するイラスト。手足どうなっとんねん… やけどデッキの救世主になれるか

ヒートロトム  焔のレンチン術師。追加効果ないんだからもうちょっと火力が欲しかった

ヤトウモリ  まさかの四種類目。御三家より多い。性能はSM2のもので良さげ

エンニュート  1エネで3つの状態異常にできるやべー奴。フラダリ効果がないとはいえ、やってることはAベトベトンGXのトライハザードGXクラス(あっちはマヒだけど)。これから先のカード次第では環境入りもあるかも?

バクガメス  こっちもGX含めれば四種類。アニポケでカキのエースだからかな?

 

・悪タイプ

ヤミカラス  SM2のものとは技以外同スペック。なのでお好み採用でOKかと

ドンカラス イラストだけで+100点。ポケカにおいて相手の手札をトラッシュする技は珍しいし強い。しかもベンチに帰れるため、フーパ(SM3+)と組ませると面白そう

ニューラ  同じくイラストが加点対象。ジャンケン運によるとはいえ、初手でのエネ確定破壊はそれだけでゲームの展開を左右しうる。SM2+のニューラはこちらと違ってダメージを与えるワザが2エネ始動だからこっちに軍配が上がるかな

マニューラ  強力な特性のポケモンが増えすぎたSM環境を変えるために作られたカードという印象。ゾロアーク使うデッキは大抵ベンチに特性持ちがズラリと並ぶので、あくのいましめで余裕でワンパンできる。また、上のワザ(こごえるかぜ)も地味に確定眠りで運ゲーを仕掛けられる

スカンプー  「みちづれ」ガスなら相手をきぜつさせろ

スカタンク  イラスト左上のガスが桜の花に見えた。一見よくある産廃だが、相手のワザの命中率を25%にするというおっそろしい運ゲーワザを持っている。かるいしがスタン落ちしたらワンチャンあるかもしれない

ダークライ  ポケカ開発お気に入りのダークライ様。当然今回も強い。場にでるだけで悪エネが二個増えるのでダークライEXと好相性。ワザに関してはエネが重すぎるので撃てるか怪しい

 

・鋼タイプ

アローラディグダ  エネ無しで撃てる無限コイントスワザ。ちなみにSM1の方はエネ無しで山札トップ三枚を操作できる。正直どっちでもいいな…

アローラダグトリオ  一進化で60という、旧裏もびっくりのデフレHPのカード。このパックに入っているテンガン山やふらふらオドリドリ(SM1+)と合わせて手札に大量のエネルギーをため込むデッキとかどうでしょう

★コイル(マグネサーチ)  2位様。今弾のアローラダグトリオと組み合わせろと言わんばかりのエネサーチ。1エネで三枚も持ってこれるのはやりすぎな気もするが…?

コイル(ぶつかる)  御三家と並んで二種収録。これも人気故か。筋肉モリモリモスキートことマッシブーンGXが一定数いる現環境では有用なベンチ防御特性。正直どちらのコイルも優秀だと思う

レアコイル  コイルに優秀成分をすべて奪われたような残念性能。せめて逃げエネ3でヘビーボールに対応しろ

ジバコイル  旧裏やBW時代に猛威を振るったばくりゅう(あまごい)カメックスの鋼版。よもやジバコに来るとは。その強さは言うまでもなく、こいつが立てば大体のポケモンはエネが万全の状態になる。しかもマグネサーチのコイルとシナジーバッチリ

タテトプス  ◯ちんこ

トリデプス  すべての鋼ポケモンデンジュモクGXにする。特殊エネルギーが充実し始めているため、これから刺さる範囲も広がるだろう。特性だけでなくワザも強制入れ替えでウザい。

ドーミラー  催眠厨

ドータクン  世界中のダストダスとAベトベトンを滅ぼしたそうなカード。もうちょっと早く出てればな~…

ヒードラン  XYのものと似てる性能

ソルガレオ  微妙。鋼のエネ加速はもう十分足りているし、それらはみんな特性なのに対してこっちはダメージ無しのワザ。

ネクロズマ(黄昏)GX  某所でテッカグヤGXと比較されていたけどあっちより明らかに火力が高いし、比べるのはお門違いじゃないかな~。重めのエネルギーは同弾のジバコイルと組み合わせて解決しろって書いてある

 

・竜タイプ

ディアルガGX  ボルバルザークinポケカZECT製でもある。GXワザにインパクトがある分通常ワザは控えめだが、効果無視のひきさくでAキュウコン(SM2+)やフーパ(SM3+)に強い。エネ問題はジバコイルで(ry

 

・無色タイプ

ベロリンガ  ベロリンガ史上最高のHPらしい(100)

ベロベルト  ポケカで「殺し」って言葉使ってもいいの…? なめごろしのテキストが面白い

イーブイ  かわいい。CMに出てた

ニャルマー  にゃーん。逃げエネ0にして欲しかったにゃーん

ブニャット  スタジアムメタっぽい何か。破壊するのは相手のスタジアムでないと追加効果は起きない。そして下のワザ うっちゃらかす は手札破壊。…うっちゃらかすって何? というか今回手札破壊多いな

スピンロトム  かいてんひこう。地味に逃げエネが0である

ヤレユータン  うんち◯。これで名実ともにウ ン チ ー コ ン グ。リソースマネジメントは強そうだけどデッキに戻すから遅いか


・トレーナーズ

ともだちてちょう  XYから再録。ますますバトルサーチャーSMで消滅説が有力に…

★なぞの化石  昔で言うところの なにかの化石。BW~XYではデッキの下から6枚()という運ゲー強要により日の目を見ることが無かった化石ポケモンにとうとう春が来た! ちなみにきぜつすると普通にサイド取られます

ミッシングクローバー  時のパズル的カード。しかし4枚集めないと効果が発揮できないうえ、内容もサイドを1枚とるだけという揃える労力に見合ってるとは言い難いもの。1枚でもサイド落ちしてたらダメなのは厳しい

★アカギ◇  アカギ☆プリズムスターって魔法少女もののタイトルっぽい。水と鋼デッキに限るが、相手のベンチを寂しいことにできる。ベンチにポケモンをならべるゾロアークGXデッキ等に刺さる。でもこのパックのディアパル、どっちも竜タイプなんだよね…

ナタネ  なんとなくスイレンっぽい性能。がっかり性能でもSRがかわいいからいいのだ

ポケモンだいすきクラブ  地味にうれしい再録。これでライチさんが一生表舞台に出られないことが確定しまった。なぜかこれにもSRがあるらしい。

マーズ  ククイ博士やポケモンブリーダー系のカード。手札破壊は有能なのでポケモンブリーダーよりは使われそう

★テンガン山  一応ディアパルどっちも関わりがあるのに鋼サポートという、パルキア涙目な効果。鋼にエネ回収が充実しすぎててヤバい

 

・エネルギー

★ユニットエネルギー(炎水草  BWのブレンドエネルギーっぽいカード。多色デッキの幅が広がってよい

 

※SMシリーズからの再録

きずぐすり・ネストボール・ポケモンキャッチャー・リーリエ・ダブル無色エネルギー

 

 

・まとめ

 SMシリーズからの再録の中にユーザー舐め腐ったカードが数種類あることを除けば、GX三種類はどれも個性があって強いしR以下の鋼サポートが軒並み強力だしとかなり安定したパック。ボックス買いした場合大当たりも大外れもなさそう。