不定期ポケカ録

ポケカとゲーム

新パック雑感 GXバトルブースト

ちょうど一か月ぶりの更新ですね。

再録パックのクセに新規カードがわりかしいるGXバトルブーストのカードを評価させていただきます。

f:id:koppepunch:20171020133751j:plain

例によって有能っぽいのには頭に☆。 

 

・草タイプ

タマタマ 運さえよければどんなポケモンも確一だ!すげぇ! 個人的には催眠技持ちのSM4の方が強く感じるな~。どっちも運ゲーですが。

シズクモ SM1のシズクモのタイプや要求エネ、弱点を草タイプ仕様にしただけ。現状オニシズクモが二種類とも微妙な性能なのでなんとも言えないです。

オニシズクモ 同上。炎タイプメタにしてもワザが貧弱だから厳しそう。

フェローチェGX 帰ってきたファストレイド。ラティオスEXと違って草タイプなので、ラランテス(SM1+)による打点強化が見込めます。まあ先行取れてかつフェローチェ出せなきゃ意味がないけど… ビューティGXは終盤に撃てばなかなかの火力を出せますが、通常ワザはどちらも貧弱。使ったり使われたりしてみないと実力は判別できなさそうです。

 

 ・水タイプ

アローラロコン SM2のやつが優秀すぎるのでこっちのロコンの出る幕はないかなぁ…

カプ・レヒレ 満を持して登場した最後の小カプ。下のワザ(かがやくかいりゅう)は要求エネが水無無と結構重いのに条件満たして120点は低いような気がしますが…

 

・雷タイプ

デンジュモクGX 特性はギルガルドEXのそれ。ニコタマが蔓延している今の環境ではそこそこ活躍できそうな特性に感じますが、いかんせんワザがショボい。唯一素で撃てるワザのランブルワイヤーは雷雷無とニコタマ非対応なのに100ダメージと火力不足ですし、ライトニングGXも一エネで撃てるとはいえダメージは伴わない。総じて置物感が強いカードなので、メインで組むというよりはメタ要因として挿すのが吉な気がします。

 

 ・超タイプ

コスモッグ 地味すぎる新規。ちりあつめの1ドローの方が有能そう。絶対来月のスターターデッキで再録されると思う。

 

・鋼タイプ

マギアナ 全国のゲノセクトEXが泣いた(?)。 道具を付け替えたい場面は結構あるけどこの特性は1ターンに1回しか使えないので二体のポケモン間で道具の入れ替えは単体ではできない。案外ゲノセクトEXと相性が良さそう。道具ぐるぐるできるし。

テッカグヤGX 鋼タイプにして弱点雷・抵抗闘というのは優秀。ワザは…うん、その、アレだよアレ。エネ重い割に威力不足なのよ。GXワザはダメージ与えるついでにタウンマップ使いまーすみたいなノリです。「うおおおおおおおお!タウンマップGXッ!!!」と叫びたい。

 

・妖タイプ

ネマシュ シズクモ系列と同じくタイプだけ違って再録ポケ。妖タイプのネマシュは既にSM3で出ていましたが、無一で眠らせられることからこちらの方が優秀っぽいです。

マシェード 同じく。ただでさえサポートの多いフェアリーにまた有能サポートが出てしまった。

カプ・テテフ こちらもタイプ変更シリーズ。小テテフは超タイプで次元の谷の恩恵を受けられるのがかなり強力だったのですが、妖になってその利点が消えてしまい劣化した印象があります。一応弱点が超から鋼になったのはプラスかも?

 

・竜タイプ

アローラナッシー エネ無しで撃てるタマタマ進化波動は言うまでもなく、攻撃ワザのたまなげりゅうせいぐんも見逃せません。表1につき80ダメとかなり大きい。フシギバナ(SM3+)がベンチにいれば2エネで4回コインが投げられ、3回表が出れば240とほとんどのポケモンを一撃で屠れます。

 

・無タイプ

イーブイ 大体のデッキにはエナジー進化ができるSM1の方を採用すると思います。フォローするとあちらは逃げエネが2ですがこっちは1。XYのカードが使える現状ではXY7のイーブイに劣りますが、スタン落ち以降なら人権は得られるかも…?

タイプ・ヌル なんかイラストの顔が横長な気がする。ワザの必要エネや基本スペックはSM4のと変わりませんので好きな方を採用すればいいかな~って感じですね。

 

・トレーナーズ

エレクトロメモリ 雷タイプのメリットってなんだろう。エネエネサンダーくらい?

古代のクリスタル まさかのレジ系統サポート。それにしてもかたいおまもりに毛が生えた程度の効果なので採用するかは微妙。もっと個性的な効果にして欲しかった。

ファイヤーメモリ 一番の強みは鍛冶屋を使えることでしょうか。一応、ボルケニオンEXのスチームアップはたねポケモンだけなのであしからず。シナジーがないワケではないですけどね。

 

・まとめ

 新規カードがほぼ微妙という悲しみを背負ったパック。

 再録カードも、SMシリーズ一期の総決算的なことを謳っておきながらアローラキュウコンGXやサーナイトGXといった環境トップ(だった)カードを再録しない・ミュウツーGXを入れるクセに同パック収録で現環境トップのゾロアークGXはスルー・下手したらヨワシGXより価値がない昼ルガルガンGXを謎の再録(しかも箱に一枚確定くさい)などと、最近は鳴りを潜めていたポケカ公式の悪戸さが垣間見える要素が盛りだくさん。

 ソルガレオGXとルナアーラGXはイラスト違いで再録するのに同じく海外版でイラスト違いが存在しているホウオウGXやネクロズマGXは既存のイラストのままというチグハグっぷりも謎です。

 ここまで酷評しましたが、再録によって必須カードのシングル価格が下がるのはありがたいことだと思います。特にテテフGXが2000円周辺にまで落ち着いたのはデカい。

 ぶっちゃけ今まで出ていたパックを毎回買っていた人は今回スルーでも良いのではないでしょうか。

とある岩塊の超電磁突

  今回は箱からSRやHRが出て悲しみにくれた人も多いであろうアローラゴローニャGXを考察しようと思います。

f:id:koppepunch:20170920204837j:plain

 パック発売から一週間も経っていない現状でもRRが一枚100円以下で投げ売りされ、SRですら400円切りそうなほど安く見られている彼ですがGXワザであるヘビーロックGXは強力なロック効果を持っています。手札からのカード使用を封じた場合、相手ができることは特性を使うかワザを撃つのみ。相手の盤面が整っていない状態で撃つことができればかなりのアドバンテージを得られるでしょう。

 ただし、致命的なことにコイツは二進化ポケモンでありGXワザを撃つのに必要なエネルギーも雷雷無無とかなり重いです。そのため、上記のように相手が盤面を完成させる前にGXワザを撃つのはなかなか難しい。そもそもゴローニャ自信を立てることすら安定しないです。闘だったらコルニアメができるから少しは安定するんですけどね…。

 といっても「弱い」の一言で片づけてしまっては考察の意味がないので、相性の良さそうに感じたカードを紹介していきます。

 

マルマイン(CP6)

f:id:koppepunch:20170920210430j:plain

 ある程度ポケカの知識がある人はみんな考え付きそうですが…。

 特性のエネエネサンダーによってゴローニャのエネを加速させます。これに加えてニコタマをつければワザエネを満たせます。なんと最速で先攻2ターン目にGXワザを撃てる! …のですが、悲しいことにエネの重さに反してゴローニャは単騎で無双できるほど強くないので後続のポケモンも用意する必要があります。しかし後続でもゴローニャマルマインをやると、その時点でサイドを2枚失うためサイドレースで負けてしまう可能性が高いです。

 またカミツルギGXの登場や改造ハンマーの増加も向かい風。といってもこれはニコタマが必須なゴローニャにとってはマルマインを採用しようがしまいが直面する問題なのですが。

 

ライコウ(SM3+)

f:id:koppepunch:20170920211600j:plain

 最近登場した雷デッキ期待のニューホープ。ようするに雷版イベルタル(Y30)

 こちらは先ほどのマルマインとは違ってトラッシュからのエネ加速。あちらとは違ってトラッシュに雷エネルギーを仕込んでおく必要がありますが、攻撃しつつエネをつけられるのはやはり優秀。マルマインのように相手に無駄にサイドを取られることもありませんしね。

 ただし、ワザによるエネ加速は特性のそれと違ってターンを消費するため、マルマインを使った場合のように相手の盤面が完成する前にGXワザを撃つのは不可能に近いです。

 

クワガノン(SM1M)

f:id:koppepunch:20170920213329j:plain

 2進化二体は正直言ってゲロ重。

 出せさえすれば毎ターンゴローニャにエネを2個つけられるので、この記事で挙げているカードの中では一番効率がいいです。地味にサブアタッカーできる程度の打点もあります(ただしエネは重い)。また、クワガノンを採用する場合はニコタマが必要なくなり、改造ハンマーに怯えなくてすむのは〇。

 欠点は2進化ポケモンであること。デッキに2進化ポケモン二種類入れて事故らないわけがないです。一応クワガノン側は巨大植物の森対応ですが、それにしたってねぇ…

 

ハクリュー(SM1M)

f:id:koppepunch:20170920215544j:plain

 この子はゴローニャに限らず、あらゆるワザ重ポケモンとのタッグ候補に挙がる気がします。

 上のワザ、りゅうのいのりにより手札からエネルギーをたくさんゴローニャにつけます。終わり!

 デッキをぶん回せるくらい大量のドロソ、もしくはエネルギーサーチカード(はかせのてがみとか)をガン積みすれば一応形にはなると思います。ただしエネ加速の手段が特性ではなくワザ、しかも前述のライコウと異なりダメージを与えられないという点で微妙です。それにライコウはたねポケモンなのに対しこちらは1進化ですし。

 

 とりあえず思いつくのはこの辺りでした。

 自分の結論としては相手の盤面が完成する前にGXワザを撃つのはほぼ無理。いくら相方にエネ加速ができるポケモンを採用しようとゴローニャ自身が2進化ポケモンであるという事実は揺るぎません。ゴローニャを立てつつエネ加速をするのはキツい。ライコウを採用するケースが一番事故率が低いですが動きは遅く、ゴローニャが完全体になる頃には相手の盤面もそこそこ整っておりGXワザがあまり意味をなさないパターンが多い。

 じゃあどうする? ということで自分が考えたのは妨害カードで相手の盤面を崩壊させてからGXワザを撃つということです。しかし、マルマインクワガノンのような進化ポケモンを採用しつつ妨害カードをデッキに積むのはインポッシブル……! なのでこの場合、相方はライコウが最適かと。また、妨害札は腐る場面が少ないので脳死で使っても有効にはたらく場面はそこそこあると思います。

 文だけで説明してもアレなので仮に組んでみたデッキレシピを紹介します。まだ実戦で使ったことはないのであしからず。

f:id:koppepunch:20170920222405j:plain

 グッズがかなり多めです。グッズロック喰らったらひとたまりもありませんね(白目)。

 クラッシュハンマーコイントス要求の運ゲーなので嫌いな人もいるかもしれませんが、我慢してください。こうでもしないとゴローニャは個性を生かせないんです…

 妨害札入れるくらいならドロソやサーチ入れてデッキを安定させた方が良いとか言われるかもしれませんが、それではゴローニャは他の二進化GXの劣化になってしまいます。ゴローニャを使う以上、オンリーワンであるGXワザを生かすしかないんです…!

 

f:id:koppepunch:20170912172419p:plain

 以上、アローラゴローニャGXの紹介と考察でした。覚醒の勇者をたくさん買った人なら手元にゴローニャが溢れていると思うので、よかったら使ってあげてください! 

☆ おまけレシピ ~事故率すごそうなクワガタ採用型~

f:id:koppepunch:20170920223948j:plain

 無理があるでしょ!(UDK)

新パック雑感 超次元の暴獣編

※9/16、ちょっと書き加えました 。書き換えた個所はこの文字色にしてあります。

前の記事(新パック雑感 覚醒の勇者編 - 不定期ポケカ録)に引き続き、新パックのカードレビューです。

 こちらは「超次元の暴獣」です。

 

※注目株にはカード名の前に ☆ をつけています

・草タイプ

ビードル はじめてセットのビードルはHP40だけど遅延ワザ持ちなんですよね。現状そっちのがいいと思います。というかキャタピー系列はSMに入ってから既に二回も収録されているのに、なんで対のビードル系列はこれが初なんですか…

コクーン まさかの「みずぶんしん」。今後スピアーGXが出たら化けますねクォレハ……出ないかなぁ

スピア スズメバチには気を付けよう! 上のワザは一回限定といえど1エネで確定マヒなので弱くはないと思うんですけどねぇ…

タマタマ 遅延ワザ持ち。一部ではBW時代の壊れ特性「ぞうしょく」が再録されるのでは?と話題になっていましたが、さすがにそれはなかったですね。

チョボマキ このカードのイラストを描いた大山さんはポケカの産みの親です。ポケモンカードゲームGBでもDr.オーヤマとして登場しています。

アギルダー かっこいいですね。エネルギー2つも要求しておいて何がスピードアタックなんでしょう。逃げエネも0じゃないし。

 

・炎タイプ

なし

 

・水タイプ

コイキング 初の特性持ちコイキング。20年以上続くポケカ史の中で最も強いコイキングだと思います。特性でベンチ狙撃を防げますし(特性は無理だからジュナイパーには倒されちゃいますが)、ワザはエネが重いですがデッキから直接進化できます。ちなみにワザの「たきのぼりしんか」は旧裏時代にもまったく同じ効果で存在していました。勢いで大げさ言ってしまいましたが、SM3のコイキングも強いですからね。選択かな~

ギャラドスGX 驚異のHP240。一進化GXのHPとは思えません。GXワザは軽く強力である一方、通常ワザが水タイプであることを考えても重すぎるので運用には苦労しそうです。コイキング(CP6)から進化させて《記憶のほこら》などでじたばたするのもありか。

ウリムー ヘビボ対応のウリムーはこの子のみ。ただ、XY8のウリムーは遅延ワザ(ねむり)が使えるので採用するならそっちの方が多そう。…と思っていましたが、今弾のマンムーの場合《アクアパッチ》や《ダイブボール》を採用しそうなのでこのウリムーもアリかも。そもそもマンムー自体使わn

イノムー メカクレキャラが好きな人っていますよね。自分もテッカグヤとか好きですよ。水タイプのイノムーは現レギュレーションでは初です。

マンムー HPが高い。その分エネも重い。水タイプならエネの重さはある程度カバーできそうです。最大火力は180と結構あるのでファンデッキは組めるかも?

ヒンバス 遅延ワザ持ち。地味に遅延ワザのあるヒンバスはこれが初。ミロカロスを使うならこれ一択になりそうです。

ミロカロス 相手のポケモンをデッキに戻すワザを持つ。相手が二進化ポケモンのデッキを使っていた場合、このワザでデッキに戻されたらかなりキツそう。

レジアイス ベンチにレジロックがいれば二進化相手に無限の壁と化す。それだけのためにタイプの異なる二枚をデッキに入れるかと言われればNOかな… 今後ワザエネが無色だけのレジロックとか出てこないかな~って思います

 

・雷タイプ

ピカチュウ すでにHP70で遅延ワザ持ちのピカチュウが存在するのでこの子は微妙。イラストは初期のちょっとおデブなピカチュウっぽくて好きです。

アローラライチュウ 味方敵問わずスタジアムさえあれば自身の逃げエネが0になるのは強いけど、ワザが重すぎてはどうしようもないです。いつかアローラライチュウGX出て欲しいなぁ。

 

・超タイプ

ムウマ 遅延ワザ持ち。

ムウマージ あの「カオスウィール」が軽くなって帰ってきた! そのロック性能は言わずもがな。以前このワザを持っていた《ギラティナEX》は撃つためのエネルギーが重すぎて苦労したのですが、この娘は超エネ1つで撃ててしまう。弱点が超ではなく悪なのも〇です。

バネブー 一瞬川に流されてるのかと思った

ブービック 《ウツロイドGX》と組み合わせろと言わんばかりの特性

ヤレユータン イラストが気合入ってますね。スターターデッキの表紙でもいけそう。上のワザはワザ版《カミツレ》といったところでしょうか。覚醒の勇者の方に収録されているパンプジンと組み合わせろって書いてある。

ウツロイドGX ルザミーネ様の愛娘。かるいしとグズマ採用が当たり前な今、こんらんと毒を相手に与えてもそれほど強みが感じられません。ワザは超エネ3つと次元の谷非対応で重く、効果も微妙。GXワザのサイド増やしによる遅延効果は個性的ですが、1ターンスキを作るようなものなので結局この娘が倒されちゃったらあんまし意味ないんですよね。これからのウルトラビースト専用サポートによっては化ける可能性もありますが、現状は弱いと言わざるをえません。サザンドラとかジャラランガに☆つけるならこっちにも☆つけるべきですよね(追記)

 

・闘タイプ

マンキー イラストの場所はせせらぎの丘かな?

オコリザル しゃぶってよ、怒ってんの?(棒読み) ストロングエネルギーを付ければ下のワザで今流行の《ゾロアークGX》を一撃で倒せます。

レジロック レジアイスレジロックは互いにサポートしあう特性を持っているのにレジスチル君はなんでハブられちゃったんでしょう。

 ヌイコグマ 五種類目にして初の闘タイプなヌイコグマです。性能は他のヌイコグマと似たり寄ったりですがこの子は超弱点なので、闘タイプのキテルグマを採用しないなら他のヌイコグマを使うべきでしょう。

キテルグマ 六種類目にして初の闘タイプなキテルグマです。こいつら種類多すぎだろ… ムキムキダンベルをつければ実質HP200とGX並みに硬くなります。地味に素でゾロアークGXを狩れるというまあまあなスペック。専用デッキを組めば戦えそうではあります。

 

・鋼タイプ

なし

 

・悪タイプ

デルビル 実は現行レギュレーションで使える唯一のデルビル。XYシリーズではデルビルいなかったんですね。ヘルガーEXがいるから居た気がしてました。スターターデッキに入ってそうな無個性無難な性能です。

ヘルガー 悪タイプでやけど付与させられるポケモンって珍しいですね。性能は進化前と同じくスターターデッキに入ってそう。

モノズ 初のHP70&悪タイプなモノズ。悪タイプは超抵抗ってだけで優秀な気がしてきます。

ジヘッド こちらも悪タイプなのは初。

サザンドラ 毎回よさげな特性をもらっているサザンドラですが、今回もまた個性的なのをもらいましたね… tip効果が目当てなだけでそれ以降は置物と化する《シェイミEX》などをベンチから追い出してくれます。それだけでなく《レスキュータンカ》などと組み合わせることで再利用も可能になります。R以下の二進化ポケモンには全員これくらい個性的な特性を与えて欲しいなぁ…

アクジキングGX ゲロ重丸。と言っても自分のワザでエネ加速はできるし、GXワザは決まれば強力。どこぞのゴローニャと違ってたねポケモンなので場に出すこと自体にはそこまで苦労しません。《ダークパッチ》の再録や、のちのパックでエネ加速が可能なウルトラビースト専用サポートなどが出れば一線級になる可能性を秘めています。現状はロマン砲ってところでしょうか。

 

・妖タイプ

プリン XYシリーズでHP70の子が出てます。…これもスターターデッキに入ってそうな性能だな。

プクリン 悪タイプに強い殺意を抱くあくのだいまおう。だが悲しいかな、悪タイプのポケモンの弱点はほとんど闘なんですよ。

ゼルネアス 前弾「ひかる伝説」において、相方のイベルタルが収録されたのに自身は収録されなかった可哀想な人。デッキからサポートを持ってきても返しのターンでNされるのがオチなんですよね~…

 

・竜タイプ

アローラナッシーGX サンムーン発売前に何かと話題になった御方。一番上のワザはベンチ狙撃が可能。要求エネは重いものの、GXワザは死に際に撃つことで後続に繋げることができる。地味に特殊エネにも対応しているのも良い。また、ワザに必要なエネルギーは草なので他の草タイプと合わせて弱点をバラけさせられる。そもそも実用に足る進化ドラゴンってコレが初な気がするなぁ。

ジャラコ かわいい。が、既に登場している二種類のジャラコの方が優秀。

ジャランゴ SM2のものより逃げエネが1軽い。そちらとちがって1エネで攻撃技は撃てないが、こいつは前線に出すポケモンじゃないのでこちらの方が強そう。

ジャラランガ USMで超強化が確定している600族様。条件次第だが、ニコタマorダブドラで120点出せるのはなかなか強い。というかSM2のジャラランガGXより強いんじゃいか?

 

・無色

ミルタンク バトル場にいるとき限定ではあるが、ベンチのポケモンにエネルギーをつけるだけで90とえげつない量の回復を施す。なお、「エネルギーをつけるたび」なのでニコタマをつけても回復量は90だと思われます。エネルギーをトラッシュするワザを持つポケモンと好相性。

チルット 現行レギュレーションで使える、初のHP50チルット。もっと言えば初の攻撃手段を持ったチルット

チルタリス コイントスが必要ですが、デッキから好きなドラゴンポケモンをいきなりベンチに出せます。二進化だろうがメガシンカだろうがいきなり場にドーン!です。実は「超次元の暴獣」はドラゴン強化のパックなのではないでしょうか。

ホルビー 他にもHP70ホルビーはいるけど、こっちの方が安定してダメージ出せますね。ワザ使う機会皆無ですが。

ホルード 完全におっさん。足元に酒瓶とかあったらもっとそれっぽい。

 

・トレーナーズ&エネルギー

ダッシュポーチ ほぼ劣化《かるいし》。これが出た以上SMでは《かるいし》は再録されないんだろうなぁ。ちゃんと特殊エネルギーにも対応しているのは評価できますが、結局ポケモンのエネルギーが剥がれることに変わりはありません。道具枠も取っちゃうし、《かるいし》が消えた環境でもこのカードを使うくらいなら素直に《ポケモンいれかえ》を採用しますね。

ルザミーネ 覚醒の勇者のカードを含めても間違いなく今回のパックで一番強力なカード。☆一個じゃ足りないくらい。スタジアムをトラッシュから回収するトレーナーズはこれが初なのでまさに環境を変える存在。もう「相手のデッキに入っているスタジアム全部破壊すれば安全」という考え方ができなくなります。まだどうなるかわかりませんが、このまま《バトルサーチャー》が再録されずスタン落ちした場合その需要はますます高まるでしょう。こんな効果をよりにもよってサンムーンの登場人物で一位二位を争う人気なルザミーネに充てるあたり、ポケカ開発はあざといですね。安いうちに100枚集めておきたいカードです。

虚ろの海 サンムーン本編で行ったウルトラスペースでしょうか。グズマがどのデッキにも採用されている今、進化で状態異常が回復しなくなってもそこまで強くは感じません。これが「入れ替え時でも治らない」とかだったらヤバかったんだろうな~。

☆喰いつくされた原野 初のドラゴンタイプ専用サポート(悪タイプにも効果はありますが)のスタジアム。それだけで価値があると思うんですよ。効果は打点を10上げるという地味なものですが、ポケカにおける打点上昇はたとえ10であっても価値のあるものなので弱くはないです。

☆カウンターエネルギー 「ひかる伝説」で《ワープエネルギー》が収録されたときは、SMの特殊エネルギーはADV~DPt期の特殊エネの再録かなと思ったのですがそんなことはなかったですね。貴重な非EX・非GX専用サポートです。劣勢時にニコタマになるので五枚目以降のニコタマ的な存在としてデッキに入れられます。また、通常時は無色1エネ扱いになるだけで、こちらが勝っている時でも普通にポケモンにつけられて最低限機能してくれるのはありがたいですね。EX・GXばかりの環境は面白くない(ダストダスはNG)のでこういったカードがもっと増えて欲しいです。

 

・まとめ

 GXは総じて微妙、トレーナーズにやたら強いものが一種類だけあるという点において「キミを待つ島々」と似た印象のあるパックです。…といってもあっちは発売後アローラキュウコンGXとバクガメスGXが評価されたため、GX全部微妙という評価は盛り返しましたが。こちらも今は冴えないGXが多いですが、ふとしたきっかけで環境入りするくらいにはポテンシャルがあると思います。特にウルトラビーストはこれからに期待ですね。

「覚醒の勇者」にも言えることですが、R以下のポケモンに可能性のあるものが結構いて良い感じです。

ただし、シングル価格が高くなりそうなカードがルザミーネくらいしかないので箱買いは現状あまりオススメできないパックです。

 

 

・おまけ 相場予想 

f:id:koppepunch:20170912205939p:plainアクジキング(RR)300~400円

f:id:koppepunch:20170912210017p:plainウツロイド(RR)250~300円

f:id:koppepunch:20170912210052p:plainAナッシー(RR)300~400円

f:id:koppepunch:20170912210142p:plainギャラドス(RR)200~300円

f:id:koppepunch:20170912210250p:plainルザミーネ(U)500~600円

f:id:koppepunch:20170912210324p:plainルザミーネ(SR)7000~8000円

 

 GX勢はどう転んでもRRで価格四桁はいかないでしょう。 

 ルザミーネ様はアセロラちゃん並みに高くなりそう

 

実際のルザミーネ安すぎない!?

新パック雑感 覚醒の勇者編

 ポケカ公式サイトで全カードリストが公開されましたね。

 遊戯王でも最近公式が新パック発売数日前にカードリストを公開するようになったみたいですが、業界ではフラゲ殺しが流行ってるのでしょうか。まぁ我々一般ユーザーにとってはうれしいことですけど。

 とりあえず全部のカードに何か一言でも評価したいと思います。まずは覚醒の勇者から。あ、画像はないので自分でポケカ公式を見てください。

 ※注目株にはカード名の前に ☆ マークを付けています

 

・草タイプ

サボネア 進化後のノクタスに悪エネとシナジーがあるわけでもないのにね…

ノクタス 相手にダメカン乗ってれば1エネ90はそこそこですね。下のワザも相手のベンチから自分で選んでバトル場に引きずり出せるのでそこそこですね。つまり全体的にそこそこなカードですね。

カブルモ チョボマキアギルダー)と組ませること前提の特性だけど、現状シュバルゴは鋼タイプしかおらずアギルダーとは組ませにくいから微妙。そもそもシュバルゴの性能がショボい。

メェークル 初の逃げエネ1のメェークルです(これ以外は全部2)他のメェークルは1エネでワザを撃てますが…

ゴーゴート 同族への殺意が高い。草ポケ倒したいなら素直に炎ポケ使います。

 

・炎タイプ

アローラガラガラ エネルギーがなくても撃てるなかなか強力なエネ加速。進化下のカラカラも優秀(後述)ですし、鍛冶屋がスタン落ちしたらワンチャンあるかも。

ドンメル 1エネで技撃てるXY9のやつのが使いやすそう。

バクーダ コイントス表一回につき80って結構火力高めに感じました。炎タイプにはビクティニ(SM2)がいるから他のコイントス系よりは使えるかも?

 

・水タイプ

ヒトデマン 水エネがデッキにない、スターミー(うちゅうビーコン)を使うデッキなら採用候補に入るかな? それ以外はスターターデッキに入ってた逃げエネ0のヒトデマンの方が現状優秀です(XYシリーズのカードですが)

スターミー 頭のいい人が面白いデッキ作りそうな効果してますね(適当)

テッポウオ XYシリーズのテッポウオでいいです

オクタン アビスハンドの方はあんなに強いのに… 一応下のワザで特殊エネをトラッシュすれば、道具なしでボルケもガメスも倒せます。トラッシュするならワープエネルギーとかかな。

ヘイガニ 初のHP70ヘイガニです。サトシのヘイガニ好きですよ。

シザリガー ワザの要求エネが滅茶苦茶重いです。そのくせHPはなんか低い。でも水タイプだからなんとかなりそうではある(強いとは言っていない)

カラナクシ XYシリーズのカラナクシはHPが70だけど、ワザの要求エネは水。今回のトリトドンは闘タイプなのでこちらも使い道がないカードではないです。……たねポケモンはどうせ下敷きだからHP高い方が採用しやすそうですが。

 

・雷タイプ

☆アローライシツブテ エネの要らない遅延ワザはつよいです。クッソ重い二進化の進化元はこれくらいの性能がないと。

アローラゴローン SM2の方と比較すると、こちらはHPが10低いかわりに逃げエネが1軽い。ワザの性能はどっちのゴローンも微妙なので個人の好みで採用すればいいのではないでしょうか?

アローラゴローニャGX 過去パックで言うジャラランガGX枠ですかね? ヘビーロックGXは最強レベルのロックですが、二進化を立てる+エネルギー4つ(ニコタマあっても3つ)つけるのはかなりハードです。組ませるならエネ加速ができるMライボルトEXが良さげだけど、二進化とメガとか重すぎる…

エモンガ エモエモ^~ HPをもう少し高くするか逃げエネ0にして欲しかったです

 

・超タイプ

ゴース XYシリーズの「ねむけどく」使えるやつの方が強そうですが… コイントスが嫌いな人や微量でもベンチ狙撃したい人向け

ゴースト カプ・コケコ(かいてんひこう)と組ませたいワザですね。

ゲンガー 特性は手貼りでしか作用しないので、トラッシュやデッキからつけることが多いエネ加速するデッキには大して刺さらなそう。ワザも重めかつ効果が微妙な感じがします。

☆チリーン かわいい。相手が次のターンにテテフGXやシェイミEXを使うのを阻止するのが主な用途かな? シェイミはともかくテテフはほとんどのデッキに入っているので腐ることはなさそう。

バケッチャ 手札を減らされるのって結構ウザい。HPや逃げエネといったスペックは過去のバケッチャと同じです。

パンプジン 下のワザはなかなか面白そうですね。BWシリーズの《カミツレ》が現行でもいたらなぁ…と思わずにはいられません。「超次元の暴獣」の方に収録されているヤレユータンと組めって言われてる気がする。

ヤトウモリ 超タイプのヤトウモリは初…と思いきや「サトシVSロケット団」のデッキで既に出ています。そっちのよりはマシですが、SM2のヤトウモリの方がやっぱり強い。

エンニュート イラストエロい。下のワザはドラミドロ(XY9)と同じですね。上のワザで好きなカード持って来れる分ドラミドロよりは使い勝手が良さそうです。

 

・闘タイプ

☆カラカラ 要求エネ無1での遅延ワザ、HP70と進化するたねポケモンの優等生みたいなスペックです。アローラガラガラ以外にもXYシリーズで出たガラガラも実用性のあるカードなのでそっちも強化されますね。

トリトドン にしのうみ、なんかふとましくない?(イラスト)

マッシブーンGX 《ランドロスEX》の実質再録が弱いワケないです。詳しい紹介は前に書いた記事で。

 

・鋼タイプ

クチート かわいければ性能とか関係ないよねっ

ココドラ 驚くべきことに、純粋なココドラ系列はXYシリーズでは一回も収録されていなかったみたいです(マグマ団の~はあった) つまり現状オンリーワン(!)なので比較評価はできません。

コドラ ヘビーボール対応でワザも1エネから撃てます。強くはないけど悲惨ではない、そんなスペックでしょう。

ボスゴドラ HP170は非GXの二進化ポケモンの中では高水準です。上のワザも《ポータウン》や《マグマ団の秘密基地》などと組み合わせるとすごいダメージが出せそうです。タイプが鋼なのでサーナイトGXの弱点をつける点もGOOD。

レジスチル なんとも言えないシュールなイラストが個人的にすごく好きです。USMでエーテル財団がレジ系を使役するフラグなどと言われてますが…? 性能も1エネでエネ加速ワザを撃てて優秀。

シュバルゴ シュバルゴ!(炎四倍) 

カミツルギGX 生きる改造ハンマー。普通のワザは重めで使いどころに乏しそうですが、GXワザはサイドを一枚とるというシンプルながら強力なワザ。実質相手のポケモン一体を一撃で倒しているようなモノですからね。

 

・悪タイプ

なし

 

・無色

ムックル XYシリーズのムックルよりHPが10増え60になりました(報告)

ムクバード HP低い(80)んだから逃げエネ0にしてあげてもいいんじゃないですか?

ムクホーク 止まるんじゃねぇぞ…💃 二進化でこのスペックはちょっと… ムクホークはかっこよくて結構好きなポケモンなので、もうちょっといい性能で出してほしかったです。

レジギガス GXでもないのにヘタなEX・たねGXよりHPが高いです。さながら名誉終身壁。それ以外のスペックはお察しです。エネ5も要求しといてレジ系三体揃ってなきゃワザ撃てないとか馬鹿にしてるんですかね?

チラーミィ 遅延ワザ持ち。あれ、キミもなんかふとましくない?

チラチーノ ワザ名エッッッッッ。こういう相手に選ばせる系のカードを見ると旧裏の《たたきつけろ!挑戦状》を思い出します。拒否るときは「ダメです」と言いたいですね。ただのネタワザと見せかけて与えるダメージは80とかなりの高火力。総じて面白そうな一枚。

☆タイプ:ヌル HPが進化するたねポケモンのそれじゃないです。

シルヴァディ 出た当初は特性からサポート要員に思われましたが、専用道具でタイプが変えられるという原作再現のおかげで前線でもかなり戦えるカードとなりました。通常ワザは打点がそこそこあり追加効果もエネ加速と強力。GXワザも相手の二進化GXをいきなりすっ飛ばせるポテンシャルがあります。なんだかんだこのパックのトップレアになりそう。余談ですが、こいつの特性はドードリオの方が似合うと思います。

 

・妖タイプ

なし

 

・竜タイプ

なし

 

・トレーナーズ

☆カウンターキャッチャー 劣勢時にしか使えないグッズ版フラダリ。こういう系の強さは旧裏の《突風》やBWの《ポケモンキャッチャー》などが証明済みです。といってもそれらと違って状況によっては死に札になるのでデッキに入れるとしても1~2枚程度だと思いますが。

のぞきみレッドカード ビッケさんとは何だったのか。相手の手札を滅茶苦茶にしたいならあちらよりは使い勝手がいい(あくまで相対的にですが)。ただ、これを使っても相手のデッキが事故るどうかは完全に運なうえ、大体は事故らないのでそんなに強くないです。相手の手札を見てデッキ内容を把握する、という使い道はあるかも…?

サイキックメモリ シルヴァディ強化パッチその1。これをつけることでシルヴァディが次元の谷に対応し、ニコタマでワザが撃てるようになります。あとソーナンス(XY4)の「がまんのかべ」で特性を無効化させられなくなります。

ファイトメモリ シルヴァディ強化パッチその2。ストロングエネルギーをつけることが可能になりますが、ブロアー等で道具が剥がされたらストロングエネルギーも一緒に剥がれるので微妙です。他のパックで残りのメモリを出すとしたらなかなかの枠潰しだな~。

グラジオ 《ロトム図鑑》を使いやすくしたようなカード。サイドのカードと交換する時に自分のサイドを全部確認できるので、記憶力の良い人にとっては《タウンマップ》も内蔵していることになります。入るのはピン刺しが多いデッキですかね。相棒とは特にシナジーが無いのがちょっと残念です。グズマさん見習って、どうぞ。

 

・まとめ

 GXは性能の差はあれど《ヨワシGX》のような産廃レベルで悲惨なカードは無い印象。  一番アレなアローラゴローニャも専用デッキならそこそこ戦えそうですし、もし特性「エレキダイナモ」のポケモンが今後再録されたら化ける可能性もあります。

 ちなみにシルヴァディGXは5パック買ったら貰えるプロモパックにも封入されるそうです。といっても封入率はめちゃんこ低いんでしょうけど。

 トレーナーズはカウンターキャッチャーとグラジオは実戦レベルですし、メモリ二種も使い道はあります。どれも汎用性はあまりありませんけどね。

 「超次元の暴獣」よりはGXの性能が良さげなので、二種類のパックのうちどちらか一つ箱で買うならこっちかなぁと個人的には思います。

 

 

・おまけ 相場予想

発売後ある程度日が経って、価格が安定してきたときの予想です。

f:id:koppepunch:20170912172729p:plainシルヴァディ(RR)700~900円

f:id:koppepunch:20170912172821p:plainマッシブーン(RR)400~600円

f:id:koppepunch:20170912172857p:plainカミツルギ(RR)300~400円

f:id:koppepunch:20170912172419p:plainAゴローニャ(RR)100円

f:id:koppepunch:20170912172729p:plainグラジオ(SR)1500~2500円

シルヴァディは初動なら1000円超えるかもしれません。

みんな(管理人も含めて)パックから顔を出すゴローニャにガチギレする未来が見えます。

ゴローニャ(´;ω;`)カワイソス

エンテイがよく死ぬゲーム

暇なのでやったことのある人が少なそうなポケモンゲーを紹介します。

ゲームカ〇ログでいいじゃんは禁句

f:id:koppepunch:20170905172048j:plain

ポケモンコロシアムGC

他人のポケモンを奪うという、ポケモンプレイヤーが一度は考えたことがある悪事を現実のものとしたゲーム。

主人公が元悪の組織所属だったり,バイクで移動したり,やたらキャラの濃いアフロダンサーがいたりと、本家ポケモンとは真逆のダークな雰囲気を醸し出すDEEP♂DARK♂FANTASYである。

また、パッケージにやたらでかでかと描かれているグラードンカイオーガだが、こいつらはゲーム本編ではまったくの出番ナシ。かわいそう。

 

☆特徴

ダークポケモンの存在

ダークポケモンは科学の力で無理やりココロを閉ざされ戦闘兵器と化したポケモンという設定であり、敵のトレーナーが使ってくる。主人公はハイテクマシンの力でこのダークポケモンを奪うことができる。相手にボールを弾かれることも「人のものを盗ったら泥棒!」と言われることもない(捕まるかはランダムだが)

捕まえたダークポケモンは依然ダークなままだが、連れ歩いたり戦闘に出すといった行為を続けることでココロのトビラが開いていき、最終的にはリライブが可能になる。このリライブすることで、ダークポケモンは普通のポケモンに戻る。

ダークポケモンのみが使える固有技は威力100、普通のポケモンすべてに効果抜群と強力ではあるが、ダークポケモンには「経験値が入らない=レベルが上がらない」「時々暴走する」といったデメリットも多いため、戦闘で使うポケモンはリライブ推奨である。敵が使ってくる場合はこれらのデメリットはガン無視のため、強敵となり得る。

②野生のポケモンはいない

 草むらすらない。ついでに言えばジムもない。ポケモンを捕まえる方法は上記のダークポケモン奪取のみ。よってストーリー中で入手できるポケモンはかなり限定されている。※ただし、ひとから貰えるポケモンや交換で入手できるポケモンも数匹いる。

 ③ストーリー中の戦闘はダブルバトル

本家ポケモンのストーリーでもダブルバトルをする機会は何度かあるが、こっちはすべてダブルバトルである。いつもはチュートリアル扱いされるストーリーだが、本作に関しては道中でも結構頭を使う。

ちなみに主人公の初期手持ちはエーフィとブラッキーで固定。御三家はストーリー序盤でジョウト御三家一進化形態の中から一匹選べるのみ。

④(特別なポケモンは)ないです

ポケモンコロシアム発売当初は初代リメイクのFRLG発売前であり、第二世代のポケモンの大半が入手困難であった。本作はその救済といった側面もあったのか、入手できるのは第二世代のポケモンがほとんどである。

しかし、本作で捕獲したポケモン固有のステータスはリボンくらいであり、続編のポケモンXDのように特別な技を覚えているものはいない。よって、すべての一般ポケモンが簡単に入手可能になった今ではポケモン入手を目当てにプレイしても肩透かしを喰らうかもしれない。

⑤BGM

ゲーフリは本作の開発にかかわっておらず、BGMの作曲も当然いつもの面々ではないが、BGMのクオリティは本家に匹敵するレベルである。

 

☆難点

①難易度

一番の問題点であるが、人によってはプラス要素になるかも。

本作はポケモン関連ゲーの中で屈指と言っていいほど難易度が高い。

野生のポケモンが出現せず、再戦できるトレーナーから貰える金や経験値もショボいためレベル上げや金策にかなり苦労する。回復アイテムも満足に買えなかったり。

また、敵の手持ちポケモンのレベルが急に跳ね上がる時がストーリー中数回ある。あきらかにバランス調整不足である。例えばラスボスの前座の手持ちはLv54~56だが、その直後に戦うことになるラスボスのポケモンLv60~61。ちなみにこの段階で手に入るポケモンの最高初期Lvは50。なお、ここに来るまでポケモンを一匹だけ集中的に使っていたとしても、Lvは60行くか行かないかである。

中ボスやラスボスが本家ポケモンのジムリーダーのように使用ポケモンのタイプを統一してくることはない。こちらが使えるポケモンは限られているので、すべての相手ポケモンに相性有利なポケモンを繰り出すのは難しい。

難しいゲームを試行錯誤するのが好きな人には良いのかもしれない。

②戦闘テンポの悪さ

戦闘がダブルバトルであること、技のエフェクトやポケモンのモーションがわりと凝っていることが災いして戦闘がもっさりしている。夜中にやると寝落ちしかねない。ただローディングはほとんど感じないので戦闘以外のテンポは悪くない。

③レポートの仕様が不便

レポート=セーブはパソコンでしかできない。戦闘で負けてもゲームオーバーにはならないし、ポケセンだけでなくダンジョンにもパソコンが設置されているっちゃあいるけど…

 

☆まとめ

ポケモンにしては珍しく難易度の高いゲーム。

また、世界観やBGMなどは本家ポケモンとまったく気色が異なるので、いつもと違ったポケモンがしたい人にオススメ。実は一番本来のRPGに近いポケモンなのかもしれない。

中古なら500円前後で買え、運が良ければメモリーカードも付属してくるため、家にWiiGCさえあれば低コストでプレイできる。

 

☆余談

エンテイダークポケモン)を使ってくるトレーナーがいるが、彼の他のポケモンは「じしん」や「だいばくはつ」といった味方を巻き込む技を使うポケモンが多いため、こちらがエンテイを捕まえる前に勝手に味方に殺される事態が多発する。

また、本作はサントラが発売されていないものの、有志による実機録音のもと全BGM集がアップロードされている。詳細はニコニコ動画の sm12807848 にて。

筋肉と物理どっちがいい?

夏休み中まったくポケカをやってないので死にそうです。

無駄にカードだけ増えて困る。

 

さて、あと10日で新弾発売ですね。今回の新規GXの中で俺が一番注目しているのは《マッシブーンGX》です。 

f:id:koppepunch:20170905003059p:plain

注目すべきは一つ目のワザ。

(闘)ジェットパンチ 30 相手のベンチポケモン一匹にも、30ダメージ(ベンチは弱点・抵抗力を計算しない)

たねポケモンの1エネ30+ベンチにも30というだけでかなり優秀だが、その上こいつはサポートが豊富な闘ポケモンなので打点の強化やエネ供給の安定が見込めます。

ストロングエネルギー+こだわりハチマキ+ククイ博士+レジロックEXで110ダメージを出せて、今大流行の《ゾロアークGX》も弱点込みで一発KO。すごいすごい!(RNKS)

また、今は公開されていませんがウルトラビースト専用サポートも何かしら出ると考えられ、そのポテンシャルは計り知れません。

みんなも筋肉旋風、起こそう!

 

余談だけど、こいつはBW時代の《ランドロスEX》の実質再録だったり。

f:id:koppepunch:20170905004342j:plain

こいつの一つ目のワザ ハンマーヘッドマッシブーンGXのジェットパンチと名前以外まったく同じなのだ。

また、このカードは2014年の公式大会「ポケモン竜王戦」において優勝者の使用したデッキの主軸カードだった。詳しくは下記URLを参照して、どうぞ。

http://www.pokemon-card.com/levelup/capture/2014/04/000432.html

 

 

 

おしゃれエネルギーのすゝめ① ~レジェンドまで~

Twitterのアンケートで同率一位だったおしゃれエネルギーを紹介したいと思います

初心者向け汎用カード紹介は需要なさそうだしやめる。

ほんとは同じタイプで統一したかったけど、微妙に足りなかったので結局バラバラ。絵面がカラフルになるし、まあ多少はね?

画像がアレなのが何枚かあるのはうちのスキャナーが古くてアレだから。

 

☆eシリーズ及びVsシリーズのエネルギー

f:id:koppepunch:20170610232451j:plainf:id:koppepunch:20170610232638j:plain

eはゲームで言うと第二世代、裏面が今のものになって初めてのシリーズ。

外枠が黄色なこと以外は標準なエネルギーのイラストと同じ。eとVsでちょっとデザインが違う。

キラ仕様のものもある。

正直これに関しては書くことがない。

 

☆アクマグエネルギー

f:id:koppepunch:20170610233538j:plainf:id:koppepunch:20170610234229j:plain

第三世代の頃(ADV期)のパック「マグマVSアクア ふたつの野望」に封入されていたキラエネルギーで、通称アクマグエネ。

マグマVSアクアなのに何故アクマグエネルギーと呼ばれているのかは謎。俺のタイプミスじゃないのであしからず✋

標準のエネルギーカードよりエネルギーマークが小さい、背景がなんかオシャレなどの理由から(?) プロモ以外の一般に販売されたパックに入っているおしゃれエネルギーの中では、一番高値で取引されている印象。

 

☆ホロンエネルギー・クイックエネルギー

f:id:koppepunch:20170610235358j:plainf:id:koppepunch:20170610235405j:plain

f:id:koppepunch:20170610235911j:plainf:id:koppepunch:20170610235920j:plain

PCG期っていう、FRLGが出た辺りのシリーズのカード。タイプが普通のと違うδ種がいた頃って言えばわかる人もいるかも。

左(上)のがホロンエネ、右(下)のがクイックエネ。背景が微妙に違ったり、ホロンエネの方はキラだったりする。

ホロンエネは拡張パック「ホロンの幻影」に収録されていた。背景が稲妻っぽくビリビリしててかっこいいね。やはりキラだけあって、プロモ以外のおしゃれエネルギーの中では高い方。これかアクマグエネでエネ統一するのはブルジョワのはじまり。

クイックエネは「クイック・コンストラクション・パック」っていうタイプ毎に発売された内容固定の15枚入りパック(429円+税)に入っていた。出回っている枚数は多く、安いし集め易い。おしゃれエネ始めたい人にはオススメ。

💃余談だけど、クイックエネにもキラが存在するらしい。プロモなうえに入手条件も厳しかったため、一枚で1テテフくらいする。俺も実物見たことはないし集めるのキツそう。

 

☆うずまきエネルギー(映画エネ・渦エネ)

f:id:koppepunch:20170611001626j:plainf:id:koppepunch:20170611001735j:plain

第四世代=DP期のもの。「アルセウス 超克の時空へ」が公開された時に発売した「映画公開記念 ランダムパック2009」に収録されたエネルギー。ノンキラ。

その名の通りイラストの背景が渦を巻いている。エネルギーアイコンがカードのど真ん中に来ているのは珍しかったりする。

『うずまき』って言葉の響きがなんかかわいい。うずまきは俺が勝手に呼んでいるだけなので、おしゃれエネ界でもわりとマイナーなこのエネルギーの呼び方は各所でまちまち。

正直なんでこんな買う人少なそうなパックに絵柄が違うエネルギーを入れたのかよく分からない。光ってもいないから価格が高いわけではないが、収録パックがパックなだけにオクなどでもあまり見かけない一品。

 

☆レジェンドエネルギー

f:id:koppepunch:20170611002756j:plainf:id:koppepunch:20170611003025j:plain

金銀リメイクのHGSSが発売された頃であるレジェンド期のパック「よみがえる伝説」に封入。ノンキラ。

エネルギーのマーク自体は普通のものと変わらないが、タイプ毎に背景に対応したポケモンのシルエットと風景が描かれている。なんで超/飛のルギアが水エネにいるのかとかウソッキーの場違い感とかは密に、密に。

超と悪はエフィブラなのでブイズ好きにも良いのでは。

地味にデンリュウハガネールという、アサギジムリーダーのミカンと関わりのあるポケモンが二体もいる。背景のポケモン考える人がミカン推しだったのだろうか。(個人的に鋼はエアームドの方が良かった)

俺が一番好きなエネルギー。オクで一枚100円程度で売られているのをよく見る。

 

 

ちなみに鋼と悪の基本エネルギーが出たのはDP期からなので、アクマグエネとホロン・クイックエネにこの二種類はない。

②ではbw以降のおしゃれエネルギーを紹介する予定。