コッペパンチ30

おもにポケモン

おしゃれエネルギーのすゝめ① 「LEGENDシリーズ」まで

★4/13 文章の改稿および画像サイズの修正を行いました!

 

☆「e」シリーズ及び「Vsシリーズ」のエネルギー

f:id:koppepunch:20170610232451j:plainf:id:koppepunch:20170610232638j:plain

「e」はゲームで言うと第二世代、裏面が今のものになって初めてのシリーズ。

外枠が黄色なこと以外は標準なエネルギーのイラストと同じ。eとVsでちょっとデザインが違う。

キラ仕様のものもある。

注意しなければいけないのは、スタンダードレギュレーションで使える過去シリーズの同名カードは「ADVシリーズ」以降なので、このイラストのエネルギーは公式大会等では使えないということ。

まあ枠以外は「ADV」~「XY」までの標準的な基本エネルギーのイラストと違いがないのでどちらにせよあまり人気はなさそうですが…。

 

☆アクマグエネルギー

f:id:koppepunch:20170610233538j:plainf:id:koppepunch:20170610234229j:plain

第三世代の頃(ADV期)のパック「マグマVSアクア ふたつの野望」に封入されていたキラエネルギーで、通称アクマグエネ。

パック名はマグマVSアクアなのに何故アクマグエネルギーと呼ばれているのかは謎です。

標準的なエネルギーカードのイラストよりエネルギーマークが小さい、背景がなんかオシャレなどの理由から(?) プロモ以外の一般に販売されたパックに入っているおしゃれエネルギーの中では一番高値で取引されている印象があります。

 

☆ホロンエネルギー・クイックエネルギー

f:id:koppepunch:20170610235358j:plainf:id:koppepunch:20180515232024j:plain

f:id:koppepunch:20170610235911j:plainf:id:koppepunch:20170610235920j:plain

PCG期という、FRLGが出た辺りのシリーズのカード。タイプが普通のものと違うδ(デルタ)種がいた頃と言えばピンとくる人も多いかと。

左(上)のがホロンエネ、右(下)のがクイックエネ。背景が微妙に違ったり、ホロンエネの方はキラ。

ホロンエネは拡張パック「ホロンの幻影」に収録されていた。エネルギーマークを中心にプラズマがひろがっている。やはりキラだけあって、プロモ以外のおしゃれエネルギーの中では高い方。これかアクマグエネでエネ統一するのはブルジョワのはじまり。

クイックエネは「クイック・コンストラクション・パック」というタイプ毎に発売された内容固定の15枚入りパック(429円+税)に入っていた。出回っている枚数は多いため集め易い。取りあえずおしゃれエネを始めてみたいって人にもオススメです。

クイックエネの方にもキラが存在していますがかなり貴重なプロモらしく、自分は実物を見たことがないし一枚ウン千円で取引されているそうです。

 

☆うずまきエネルギー(映画エネ・渦エネ)

f:id:koppepunch:20180515231921j:plainf:id:koppepunch:20170611001735j:plain

第四世代=DP期のもの。「アルセウス 超克の時空へ」が公開された時に発売した「映画公開記念 ランダムパック2009」に収録されたエネルギー。ノンキラ。

その名の通りイラストの背景が渦を巻いている。エネルギーアイコンがカードのど真ん中に来ているという観点では、「SMシリーズ」の基本エネルギーイラストの先駆けとも言えるでしょう。

収録パックのせいか、おしゃれエネルギーの中でもマイナーな存在。価格は安いものの売っているのを見かけることがあまりない一品です。

 

☆レジェンドエネルギー

f:id:koppepunch:20180515232406j:plainf:id:koppepunch:20170611003025j:plain

金銀リメイクのHGSSが発売された頃であるレジェンド期のパック「よみがえる伝説」に封入。ノンキラ。

エネルギーのマーク自体は普通のものと変わりませんが、タイプ毎に背景に対応したポケモンのシルエットと風景が描かれています。なんで超/飛のルギアが水エネにいるのかとかウソッキーの場違い感とかは密に、密に。

超と悪はイラストがイラストなのでブイズ好きに重宝されています。

地味にデンリュウハガネールという、アサギシティジムリーダーのミカンと関わりのあるポケモンが二体もいる。背景のポケモン考える人がミカン推しだったのでしょうか。

通常パックにノーマルとして収録されていたおしゃれエネは後にも先にもこれだけです。 結構人気な印象がある(自分も好き)わりに価格はそこまで高くなく、ショップの10円ストレージに眠っているケースもあります。

 

ちなみに鋼と悪の基本エネルギーが出たのはDP期からなので、アクマグエネとホロン・クイックエネにこの二種類はないです。

②ではbw以降のおしゃれエネルギーを紹介していきます

(18/5/15 ②の記事書きしました!)

⇒②にジャンプ!