コッペパンチ30

おもにポケモン

安くて強めな汎用サポート

ご無沙汰してます。

最近、ポケカの流行と転売ヤーの台頭によって汎用トレーナーズの価格が異常に吊り上がり、初心者をはじめとした皆さんは困り果てているのではないでしょうか。

そこで今回は「大枚はたいてまでポケカしたくねぇ!」、「初心者だしいきなり多額投資はちょっと…」といった方々のためにシングル価格の安い、具体的には1枚50円以下のカードの中で、大会環境クラスではないものの決して弱くないカードたちを紹介しようと思います。

このページではサポート(とくにドロソとサーチ)を扱います。グッズもやるかは不明です。

 

 

ハウ

自分の山札を3枚引く。

f:id:koppepunch:20180831221455j:plain

笑顔が眩しい再録王。最近新イラストを貰えた。

今ある手札を仕切り直さず、どんな状況でも安定して同じ枚数ドローができるので実はそこそこ強いカード。度重なる再録のせいでシングル価格が無料並みだったり他のドロサポが強すぎて大会クラスのデッキではまず採用されなかったりするせいで過小評価されている感がある。

なにより使いやすさがトップクラスなので初心者がデッキに入れてもオススメ。

 

ハンサム

自分の山札を下から3枚引く。

f:id:koppepunch:20180831221829j:plain

TCG界全体で見ても珍しい、下からドローするカード。

枚数はハウと変わらないので基本性能は同じだが、こちらには《ハンサムホイッスル》という専用サポートが存在する。が、ぶっちゃけ性能はお察しである。

ホイッスルやデッキの下にカードを加えるカード(例えばヤレユータン(SM5S)》のリソースマネジメント)を入れたりしない限りはハウと好みで選んでいい。

 

TVレポーター

自分の山札を3枚引く。その後、自分の手札を1枚トラッシュする。

f:id:koppepunch:20180831223755j:plain

10年以上の時を経て戦場に舞い戻ってきたカード。要は昔のカードの再録なので、旧仕様のこのカードが家の奥底に眠ってる人も多いのではないだろうか。

手札をトラッシュしなければならない分ハウやハンサムの劣化に見えるが、トラッシュを活用するデッキではトラッシュ効果がメリットにすらなり得る。

それ以外でもその対戦中もう使わなそうなカードをトラッシュに送ることで、《ジャッジマン》等で手札をデッキに戻してカードを引き直す場合にいらないカードを引く確率を下げることができる。

 

マーマネ

このカードは、自分の手札を2枚トラッシュしなければ使えない。自分の山札を4枚引く。

f:id:koppepunch:20180831221849j:plain

TVレポーターっぽい何か。亜種と言ってもいい。

厄介なのが先に手札をトラッシュしてからドローしなければならないということで、手札にマーマネを含めてカードが3枚以上ないと使えない。(ちなみにTVレポーターはドローが先なのでそういった心配はない。)ドロソを使いたいと思う状況の大半は手札が少ない時なので、その時に限って使えないのはなかなか痛い。

ちょっとディスり気味になってしまったが、たくさん手札をトラッシュに送りたいデッキでは採用してもいいのではないだろうか。

 

リーリエ

自分の手札が6枚になるように、山札を引く。最初の自分の番に使ったなら、8枚になるように引く。

f:id:koppepunch:20180831221917j:plain

再録女王。SRは馬鹿みたいに高いが、通常仕様なら1枚10円で買える。

手札にカードが貯まりやすい2進化デッキとは相性が悪いが、逆に手札を使い切りやすいたねポケモン主体のデッキとは相性がいい。

状況によっては使ってもまったくドローできない所謂死に札になり得るので個人的にはあまり好きではない。が、初手で使った時の爆アドっぷりや、通常時でも最大6枚とハウの2倍もカードを引けることからか大会でも採用しているデッキは結構ある。

 

ククイ博士

自分の山札を2枚引く。この番、自分のポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+20」される。

f:id:koppepunch:20180831221934j:plain

ハウやリーリエほどではないが再録機会は多い。

このカードはダメージ増強が主でドロー効果はついでみたいなものなのでドロソと呼べるか微妙なところではある。と言っても非常時にドロー効果目当てで使うことはわりとあるので、やっぱドロソかもしれない。

非GXなど火力が微妙に足りないデッキに入れると輝く。

総じて便利なカードではあるけど過度な期待はしないほうがいい。あと必要な時に限って手札に来ない。そんなカード。

 

マーズ

自分の山札を2枚引く。その後、相手の手札からオモテを見ないで、1枚トラッシュする。

f:id:koppepunch:20180831224550j:plain

相手の手札を減らせる(しかもデッキに戻すのではなくトラッシュ送り)個性的な効果のカード。

しかしドロー枚数2枚はかなり心許ない。ククイ博士と同じく、デッキに入れてもドローソースとして数えるかは微妙なところ。

弱くはないのだが他のカードをおしてまで採用する枠はない、といった感じのカード。

 

モノマネむすめ

自分の手札をすべて山札にもどして切る。その後、相手の手札の枚数ぶん、自分の山札を引く。

f:id:koppepunch:20180831223826j:plain

カードゲームにおいて相手依存のカードは大体使いづらいと言われる。なぜなら安定性がないから。

このカードもその例に漏れず安定しない。上手くいけば大量ドローが見込めるが、ダメな時は1,2枚しかドローできない。しかし「手札を山札に戻してドロー」系なので1枚もドローできないという状況はほぼ無く、そういう意味ではリーリエやマーマネより使いやすいかもしれない。

TVレポーターと同じく昔のカードの再録なので入手しやすいのもgood。

 

ジャッジマン

おたがいのプレイヤーは、それぞれ手札をすべて山札にもどして切る。その後、それぞれ山札を4枚引く。

f:id:koppepunch:20180831224607j:plain

最近再録が多く入手しやすくなってきた良カード。XY時代は《N》という強力なライバルがいたが、現時点のSMレギュでNはいないので彼の独壇場である。

何が独壇場かというと「相手の手札を引きなおさせる」効果。相手がサーチカードやワザの効果で好きなカードを持ってきてもそのターンに使うことは多くない。そこでこのカードを使い、相手の手札を山札に戻させることで相手のサーチ行為を無駄にできる。

一応相手の手札を山札に戻すカードは他に《イリマ》《ビッケ》があるのだが、残念なことにどちらもあまり実用的ではない。

ちなみにドロー枚数が4から5に変わったロケット団のいやがらせ》というカードもあるが、構築済みデッキ限定のカードで入手が難しい。1枚はかなり大きな差ではあるが、どちらも一長一短なのでハッキリとした理由がなければジャッジマンでいい。

 

イリマ

おたがいのプレイヤーは、それぞれ手札をすべて山札にもどして切る。その後、おたがいのプレイヤーは、それぞれコインを1回投げ、オモテなら6枚、ウラなら3枚、山札を引く。

f:id:koppepunch:20180831223846j:plain

さきほどのジャッジマンの項目で実用性があまりないと言ってしまった。

コイントスに左右される面が大きすぎて安定しない。相手に手札の引き直しをさせたいだけならジャッジマンの方が安定しているので、入れるなら50%で《シロナ》(6枚ドロー)になることがメインの理由になるか。相手の引き直しはオマケみたいな。

うーん、まあ運に自身のある人は使えばいいんじゃないかな。

 

ハラ

自分の手札をすべて山札にもどして切る。その後、山札を4枚引く。自分がすでにGXワザを使っていたなら、引く枚数は7枚になる。

f:id:koppepunch:20180831223907j:plain

GXワザをいつ撃つかは大半のデッキはその時の状況によって違うので7枚ドローは安定して見込めない。4枚ドローするだけなら同時に相手の手札にも干渉できるジャッジマンの方が強い。この場に挙げておいてアレだが正直微妙なカード。

まあ微妙とはいったがGXワザを早めに使うコンセプトのデッキなら採用は全然アリ。

 

マオ

自分の山札から好きなカードを2枚選ぶ。残りの山札を切り、選んだカードを好きな順番にして、山札の上にもどす。

f:id:koppepunch:20180831231128j:plain

手札に加えるのではなくデッキの上に置くので効果の恩恵を受けられるのが次の自分のターン開始時と若干遅いが、それでも好きなカードをデッキトップに積み込めるのは強い。

アクジキングGX》のようなデッキトップを参照するカードを使っている場合は、マオを使用した直後に恩恵を受けることができるのでもっと強い。

使った返しのターンでジャッジマンなど手札を引き直させるカードを使われると、ドロー前に山札のシャッフルが発生してマオを使った意味がなくなってしまうのはご愛嬌。

 

デンジ

自分の山札にあるグッズと雷エネルギーを1枚ずつ、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

f:id:koppepunch:20180831224634j:plain

「こいつが! オレの きりふだ!!」(オクタン)(エテボース

一見雷タイプ専用サポートに見えるが、実はサーチしてくるのはグッズだけでもいい。

好きなグッズを手札に加えられるカードは現状これしかないので、特定のグッズが主軸となるデッキには採用を検討できる。

 

 

まとめ

当たり前だけど安い=弱いではない。

初心者の方々には異常な価格の汎用カードを見て後退りせず、安いカードでも十分に回るデッキは組めることを知っておいてもらいたいです。

 

★強いが価格が高いので除外したカード一覧

《シロナ》《フウとラン》《かんこうきゃく》《ダイゴの決断》《ポケモンだいすきクラブ》《ロケット団のいやがらせ》

★価格は安いがさすがに弱い,使いづらいので除外したカード一覧

《ビッケ》《ウルトラ調査隊》《カヒリ》《サトシのゆうじょう》《ポケモンブリーダー》